庭木図鑑 植木ペディア > コデマリ

コデマリ(小手毬)

Reeves spirea

コデマリ 開花時期
開花時期は4~5月 花言葉は「努力」「友情」など 
ユキヤナギとコデマリの違い
遠目にはユキヤナギに似るが、花は全く異なる
コデマリの葉っぱ 画像
葉の長さは2~4センチほど(新緑の頃)
コデマリの枝 画像 特徴
葉は互い違いに生じる 若い枝は赤味を帯びる
コデマリ 種子
10月頃に実がなるものの、ほとんど目立たない
コデマリ 樹皮
無数の枝が出て、株立ち状に育つ

【コデマリとは】

・名前のとおり、4月から5月にかけて小さな花が手毬状に枝の上に並んで開花する。原産地は中国だが栽培が容易であるため、江戸時代から庶民の間で親しまれてきた。

・いかにも日本人好みの控えめな花木で、中高木の根元に植える「根締め」としての利用が多い名脇役といえる。

・花木の中では日陰、寒さに強い部類で北海道南部から沖縄まで植栽できる。建物の北に面した庭にも使われ、半日陰程度なら花つきも悪くない。

 

【育て方のポイント】

・刈り込みに強い。(しかし、自然樹形を維持するには根元から間引きするのが望ましい。)

・太い幹(主幹)はなく、画像のように細かな枝が株立ち状に生えるため、狭い庭でも育てやすい。

・株が大きく成りすぎた場合は木の勢いが衰えるため、根元で切って更新する必要がある。

・やや湿った肥沃な土地を好み、乾燥が続くと枯れ込むことがある。 

 

【品種

八重咲きの「ヤエノコデマリ」や、葉に模様が入る「斑入りコデマリ(ピンクアイス)」などが知られる。

 

【似たような木】

オオデマリ

ユキヤナギ 

コデマリの基本データ


【分類】バラ科 シモツケ属

    落葉広葉 低木 

【学名】Spiraea cantoniensis

【別名】スズカケ・テマリバナ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】1m~2m

【用途】花木/切り花/公園 

【値段】500円~3000円程度