コウゾ(楮)

paper mulberry

楮 葉 形 特徴
コレが典型的なコウゾの葉っぱだが・・・
paper mulberry,picture.tree
「普通」の葉っぱになるものもあって見分けが難しい
paper mulberry,tree
冬芽の様子
楮の新芽
新芽の様子
paper mulberry,fruits
実の様子(未熟)
楮 実 食べる
コウゾの実は甘みがあって食べられる(画像は破裂したもの)
和紙 原料 木
樹皮からは最高級の和紙ができる
楮 樹木 特徴
樹高は5m程度になる

【コウゾとは】

・コウゾの樹皮は強靭な繊維を持ち、最高級の和紙を作る材料として知られる。このため江戸時代にコウゾは、クワ、ウルシ、チャと並ぶ「産業の四木」とされた。

・ヒメコウゾとカジノキの雑種で、本州から沖縄までの広い範囲に分布する。日本のほか、朝鮮半島や中国でも見られる。

・他のクワ類同様に、葉の形は場所や環境によって様々に変わるが、多くは写真のように切れ込みが入る。

・花期は4~5月で雌雄同株。雄花は白く、枝元集まって咲く。雌花は緑色の球形。

・6月ころにできる実はキイチゴのような外見。甘味があって生食できる。

・名前の由来は、神に献じる布(紙衣=かみそ)の材料にしたことにちなむなど諸説ある。

 

【育て方のポイント】

・日向を好むが半日陰程度なら問題なく育つ。

・丈夫な性質を持ち、ほとんど手をかける必要はない。

・自然樹形は株立ち状で、剪定もこれに倣って行う。 

 

【似たような木】

カジノキ~コウゾより葉や実が大きい。

コウゾの基本データ

 

【分類】クワ科 コウゾ属

    落葉広葉 低木

【学名】Broussonetia

        kazinoki Sieb.

【別名】ヒメコウゾ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】2m~5m

【用途】公園

【値段】1500円~