庭木図鑑 植木ペディア > クロバナロウバイ

クロバナロウバイ(黒花蝋梅)

Winter sweet

クロバナロウバイ 花 画像
花言葉は「深い慈愛」など
花の時期 特徴 種類
ロウバイほどの強い香りはない
アメリカロウバイ 木
新芽の様子
アメリカロウバイ 葉っぱ
クロバナロウバイの葉(晩夏)
アメリカロウバイ 特徴
樹高は1m以内におさまり、管理しやすい
アメリカロウバイ クロロウバイ
ロウバイと同じような実ができる

 

【クロバナロウバイとは】

・北アメリカ東部を原産とする落葉低木で、大正時代に日本へ渡来した。黄色い花が咲くロウバイとは「属」が異なる。

 

・花期は5~6月で、年末年始に咲くロウバイとはまったく異なる。また、ロウバイのような強い香りはない。(近縁種のニオイロウバイには香りがある。)

 

・変種に「アメリカクロロウバイ」(単に「クロロウバイ)ともいう)があり、ややこしい。アメリカクロロウバイの花はまったく匂わず、高さもより大きくなる。

 

・枝の水揚げがよいため、切花に使われる。

 

 

【クロバナロウバイの育て方】

・寒さに比較的強く、北海道でも南部であれば地植えできる。

 

・日当たり、排水がよく、肥沃な土地を好む。排水が悪い場合は枯死することもある。

 

・高さはそれほどでもないが、地下茎を伸ばして横に広がる傾向があるため、繁茂し過ぎた場合は、根元から切除し、株を更新すると良い。

 

・クロバナロウバイには中枢神経を麻痺させる有毒成分が含まれるため取扱いに注意が必要である。

クロバナロウバイの基本データ

 

【分類】ロウバイ科クロバナロウバイ属 

    落葉広葉 低木

【学名】Calycanthus fertilis

【別名】アメリカロウバイ/クロロウバイ

    コンロウバイ(紺蝋梅)

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】1m以下

【用途】庭園/公園/鉢植え

【値段】1500円~