庭木図鑑 植木ペディア > キンシバイ

キンシバイ(金糸梅)

Tall St.John's wort

金糸梅 画像 図鑑
キンシバイの花は水辺にもよく合う
Tall St.John's wort
キンシバイの蕾
キンシバイとヒペリカム
花はヒペリカムより小さい
キンイシバイ 木
キンシバイの新芽
金糸梅 紅葉 画像
キンシバイの紅葉
冬のキンシバイ
キンシバイの実

【キンシバイとは】

・中国を原産とするオトギリソウの仲間。梅雨時から盛夏にかけて写真のような黄色い花を次々に咲かせる。

 

・日本へ渡来したのは江戸時代(宝暦10年)と古くから親しまれるが、現在ではヨーロッパから導入された、より花の美しい品種(ヒペリカム)の人気が高い。

 

・花期が長く、和洋どちらの庭でも違和感がないため、使い勝手のよい下草とされる。

 

【育て方のポイント】

・日向の岩場を好んで自生する。

・刈り込みによく耐える。

・寒さにやや弱く、寒冷地では落葉する。

・枝先の垂れる自然樹形に育てようとすると意外に大きな株になる。一般家庭では数年に一度、根元から切り取って更新するのがベター。

 

類似種との見分け方】

・ビヨウヤナギとキンシバイの違い

 両者はとてもよく似ているが、ビヨウヤナギの方が葉も花も大きい。また雄しべの数もビヨウヤナギの方が圧倒的に多く、長さも花弁から飛び出すほどあるため、見分けがつきやすい。

 

【品種】

・ヒドコート(ハイドコートともいう)

 より花が大きな品種で人気が高い。

キンシバイの基本データ

 

【分類】オトギリソウ科 オトギリソウ属

    半常緑または落葉 低木

【学名】Hypericum patulum

【別名】ヒペリカム/ビヨウオトギリ

    クサヤマブキ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】0.5~1m

【用途】花木/公園/切り花

【値段】400円~2000円