庭木図鑑 植木ペディア > カンヒザクラ

カンヒザクラ(寒緋桜)

Taiwan cherry

ヒカンザクラとカンヒザクラ 違い
花言葉は「艶やかな美人」
カンヒザクラ ヒガンザクラ
いわゆるサクラの花とは一風異なる
寒緋桜と緋寒桜
沖縄でサクラといえばコレを指す
寒緋桜 緋寒桜 同じ
寺社にも多く見られる

【カンヒザクラとは】

・台湾、沖縄及び中国南部に見られるサクラ。日本ではもっとも早く開花するサクラの一つであり、関東地方に植栽されたものは3月中旬に開花する。

・沖縄でサクラといえばコレを指し、1月~2月に開花することから「元日桜」との別名がある。沖縄では山間にも見られるが本来の自生なのか、人為的に持ち込まれたものが野生化したものなのかは判っていない。

・正式には「ヒカンザクラ(緋寒桜)」であるが、別種「彼岸桜」との混同を避けるため「カンヒザクラ」とすることが多く、筆者もその例に倣った。漢字表記は「寒緋桜」で、寒い時期に緋色(鮮やかな赤)の花が咲くことから。

・釣鐘状の花の様子は一般的なサクラと異なるため、「変わった梅だねえ」などと、勘違いされやすい。

・葉は卵型で縁のギザギザが多い。

・台湾を中心に園芸品種が多い。日本で「~カンザクラ」と呼んでいるものは本種を片親にしているケースが多い。

 

【育て方のポイント】

・サクラの仲間では小さくまとまりやすく、花が少ない時季に存在感のある花を咲かせるため庭木に向いている。

・扱いは他のサクラ類と同様だが、上述のとおり亜熱帯に近い暖帯に分布するもの。寒さに弱く、庭植えで扱えるのは関東地方よりも南となる。落葉は早く、初秋と言わず晩夏に葉を落とすことがあり驚かされるが特に対策を施す必要はない。

・樹形は半球形に育つのが普通。剪定は必要最低限にとどめる。

 

【品種】

・リュウキュウカンヒザクラ

 花色が淡く(白に近く)、花弁がやや平開する園芸品種

カンヒザクラの基本データ

 

【分類】バラ科 サクラ属

    落葉広葉 小高木

【学名】Prunus campanulata

【別名】緋寒桜/元日桜/薩摩緋桜

【成長】やや早い

【移植】やや難しい

【高さ】5m~7m

【用途】庭園/公園/街路樹

【値段】1000円~