庭木図鑑 植木ペディア > オオモクゲンジ

オオモクゲンジ

Golden-rain tree

おおもくげんじ 樹木
花の時期にはカラフルになる
オオモクゲンジの葉 図鑑
葉の長さは10センチほどで、モクゲンジよりも大きい
Golden-rain tree,flower
オオモクゲンジの蕾
オオモクゲンジの花 黄色
開花期は9月頃
フクロミモクゲンジ 花
英語名「ゴールデンレインツリー」
フクロミモクゲンジ オオモクゲンジ
一輪一輪はモクゲンジよりも小さい
Golden-rain tree,Japan,flower
袋状の実も一緒になればゴージャスな雰囲気に
袋実もくげんじ
袋からはやがて種が顔を出す
もくげんじ 紅葉 黄葉
黄葉の様子
Golden-rain tree
真冬のオオモクゲンジ
おおもくげんじ 樹木図鑑
オオモクゲンジの樹皮

【オオモクゲンジとは】

・中国及び朝鮮半島の南部を原産とするムクロジ科の高木。モクゲンジよりも葉が大きいため名付けられた。

 

・9月ごろにモクゲンジよりやや小さい花を咲かせる。英語名の「Golden-rain tree」は開花の様子を示したもので、満開期は黄色の雨が降り注ぐかのように荘厳な景観を作る。

 

・実は画像のような特徴的な形状で、別名のフクロミ(袋実)モクゲンジのとおり袋状になる。長さは5センチ以上でピンク色を帯び、遠目からもよく目立つ。

 

・秋には美しく黄葉する。

 

【育て方のポイント】

・花の少ない時期に開花する貴重な木ではあるが、基本的に大木であり、家庭での植栽には適さない

・土質は問わず丈夫に育つが、日当たりの良い、開けた場所に植えるのがよい。

 

【モクゲンジとの見分け方】

モクゲンジは夏(7~8月上旬)に開花、オオモクゲンジは初秋(9月)に開花する。

・モクゲンジの葉はギザギザがあったり複雑な形になったりするが、オオモクゲンジは別名(マルバモクゲンジ)のとおり、基本的には丸に近い葉を持つ。(幼樹は除く)。

モクゲンジとオオモクゲンジ
モクゲンジの葉
オオモクゲンジとモクゲンジ
オオモクゲンジの葉

見分け 区別 特徴
モクゲンジの花
見分け方 違い
オオモクゲンジの花

オオモクゲンジの基本データ

 

【分類】ムクロジ科 モクゲンジ属

    落葉広葉 高木

【学名】Koelreuteria

        bipinnata Franch

【別名】フクロミモクゲンジ

    マルバモクゲンジ

    フクワバモクゲンジ

【成長】やや早い

【移植】普通

【高さ】10~20m

【用途】シンボルツリー

【値段】