庭木図鑑 植木ペディア > オウバイ

オウバイ(黄梅)

Winter jasmine

オウバイ 花言葉 画像
花言葉は「恩恵」「優美」など
オウバイ 育て方
実際の花は直径2センチほど
オウバイとロウバイ
オウバイの蕾
オウバイとロウバイ 違い
葉の様子 「ロウバイ」とはまったく異なる
黄梅 庭木図鑑
新しい枝は緑色で、角ばっている
Winter jasmine in Japan
幹の様子

【オウバイとは】

・中国を原産地とするモクセイ科の落葉低木。中国名を「迎春花」といい、その名のとおり、早春に梅のような黄色い花を咲かせる。花の大きさは直径2センチ程度。

 

・日本へ渡来したのは元禄時代頃と考えられ、「花壇地錦抄」(1695年)には、オウバイの育て方が説いてある。

 

・ジャスミンの仲間で、英名を「ウインタージャスミン」という。また、キソケイやヒマラヤソケイ、熱帯性のボルネオソケイ、リュウキュウソケイ、タイワンソケイなども同じ仲間である。

 

・枝は箒状に垂れ下がる「半つる性」で、梅とはまったく異なる。地面についた枝からは根が発生し、新たな株ができる。こうした性質のためオウバイは挿し木で簡単に増やすことができる。

 

・葉は対生で3つの小葉を持つのが特徴。

 

【育て方のポイント】

・日向を好み、日陰では生育、花つきが悪い。 

・比較的土質を選ばず、どこでも育てやすい。 

・寒さに強いが、地植えする場合、植栽の適地は東北地方南部が北限となる。 

・刈り込みに強いが、枝や花が下垂する姿を観賞するのが自然であり、植栽には相応のスペースが必要。

 

【類似種、園芸品種】

・ロウバイと混同されやすいが、ロウバイは上方へ向かって枝が伸び、しっかりとした木になるのに対し、オウバイは匍匐するように育つ。また、ロウバイの花は香りが強いが、オウバイの花はほとんど匂わない。花の質感もまったく異なる。

ロウバイとオウバイ 違い
オウバイ
ロウバイとオウバイの見分け
ロウバイ

・雲南オウバイ~同じく中国原産で似たような樹形だが、冬期も葉を落とさない常緑性であり容易に見分けられる。オウバイモドキともいう。

オウバイモドキ
雲南オウバイ
ウンナンオウバイ 画像
雲南オウバイ(黄金葉)

オウバイの基本データ

 

【分類】モクセイ科 ソケイ属

    落葉広葉 低木

【学名】Jasminum nudiflorum

【別名】オウシクバイ/迎春花

       小黄花

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】1m~2m

【用途】花木/盆栽/切花

【値段】500円~5000円程度