ウツギ(空木)

Japanese snowflower

空木 花
旧暦の卯月に花を咲かせるため「卯の花」との別名がある
ウツギ 白い花 画像
日本全国に自生。田畑や道端にも生じる
白花八重空木
シロバナヤエウツギの花
ウツギ 葉っぱ
葉の長さは3~6センチほど
seeds of Japanese snowflower
ウツギの実
空木の新緑 画像
ウツギの新芽
ウツギ 樹皮
樹皮は特徴的で、慣れれば見分けやすい
Japanese snowflower
木の内部が空洞であるため「空木」となった
ウツギ 画像
ウツギの樹形はまとまりにくい

【ウツギとは】

・5月から6月にかけて咲く白い花は、派手さはないものの清楚なたたずまいであり、万葉集にも登場するなど古くから日本人に親しまれる。唱歌「夏は来ぬ」では「卯の花の匂う垣根にホトトギス~」と歌われるが、花に香りはなく、純白の美しさを詠んだものと考えられる。

・写真のように幹や枝の中心に「髄」がなく、空洞になっていることから「空木」と名付けられた。別名ウノハナは、卯月(4月)に開花する「ウヅキノハナ」から転訛したもの。

・かつては敷地の境界線に植える「境木」として使われることが多かった。

・ウツギの枯れた枝や幹は腐りにくいことで知られ、木釘の材料に使われた。

 

【育て方のポイント】

・北海道から九州までの広い範囲に植栽できる。

・湿気のある日向を好むが、あまり土質は選ばない。ただし、栄養の乏しい場所では花つきが悪い。

・病害虫、強い剪定に耐えるなど丈夫な性質を持つ。

・かなり大株になり、歳月を経て不要な枝が増えるため、4年に一度程度、株元ですべての枝を剪定して更新するのがよい。

 

【品種、類似種との見分け方】

・サラサウツギ

 八重咲きで花弁の縁がピンク色を帯びている。

・ヒメウツギ

 小型のウツギで一般家庭に適している。園路の縁などに使うことが多い。

・シロバナヤエウツギ

 八重咲きの品種でゴージャスな花を咲かせる。花は重みで垂れ下がるように咲く。 

ウツギの違い
左が八重咲きで、右が普通のウツギ

ウツギの基本データ

 

【分類】ユキノシタ科/ウツギ属

    落葉広葉/低木

【学名】Deutzia crenata

【別名】ウノハナ(卯の花)

    ウツギノハナ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】1m~3m

【用途】公園/垣根/花木

【値段】500円~5000円