庭木図鑑 植木ペディア > ウチワノキ

ウチワノキ(団扇の木)

white forsythia

団扇の木 庭木図鑑
ウチワノキの花
ウチワノキ 画像 樹木
新芽の様子
Leaf of white forsythia
葉の大きさは環境によってかなり異なる(晩夏の頃)
団扇の木 特徴
樹高は1m程度にしかならない
white forsythia tree
樹皮の様子(冬季)

【ウチワノキとは】

・朝鮮半島を原産とする1属1種の低木。昭和初期に日本へ渡来した。地味な低木で普段はあまり目立たないが、2月から4月にかけてレンギョウに似たような白い花を咲かせる。


・咲き始めの花は薄紅色で次第に白へと変化する。


・実の形が団扇に似ていることからウチワノキと名付けられたが、白花レンギョウとして流通していることも多い。

 

【育て方のポイント】

・暑さ寒さに強く、北海道南部以南に移植可能。

・病害虫に強く、土質も選ばない。

・根元からたくさんの枝を出し、株立ち状に育つため、樹形は整えにくく、単独では風景になりにくい。

・株分けによって簡単に増やすことができる。

ウチワノキの基本データ

 

【分類】モクセイ科/ウチワノキ属

    落葉広葉/低木 

【学名】Abeliophyllum distichum

【別名】シロレンギョウ

    シロバナレンギョウ

    シロレンギョ

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】0.5m~1m

【用途】花木/公園

【値段】800円~2000円