庭木図鑑 植木ペディア > イタヤカエデ

イタヤカエデ(板屋楓)

Itaya kaede

イタヤカエデ 黄葉
樹高は20mに達する最大のカエデ(黄葉初期の様子)
イタヤカエデ 葉っぱ
葉が屋根用の板に似るとして名付けられた(初夏の様子) 
イタヤカエデ 紅葉
温暖な都市部では赤くなりにくい
いたやかえで 樹形
大振りであるがために、いい加減に剪定されることが多い
板谷楓 種子 画像
イタヤカエデの種
イタヤカエデ 樹形
真冬の様子
板谷楓 樹皮
幹が太くなるため木材としても使われる

【イタヤカエデとは】

・北海道から九州まで分布するカエデの仲間。東北地方など寒い場所の山地で特に多く見られる。カエデの仲間ではもっとも大きく育つ種類であり、木材としての利用が多い。

 

・黄葉するカエデの代表だが、別名「トキワカエデ(常磐楓)」のとおり基本的には秋季も緑色の葉を保ち、落葉直前のみ黄葉(稀に紅葉)する。

 

・モミジの仲間としては花が目立つ樹種で、春の芽出し前、枝いっぱいに黄緑色の花を咲かせる。このため「ハナカエデ」や「ハナノキ」と呼ぶ地方もある。イタヤカエデとは別にハナノキというカエデの仲間がある。

 

・イタヤカエデには変種が多く、葉の形は地方や樹齢によって異なる。基本的には横幅の広い五角形で、空を覆うように茂る様子を、板葺きの屋根に見立ててイタヤカエデと名付けられた。オニイタヤ、アカイタヤ、エンコウカエデなどの仲間が知られる。

 

【育て方のポイント】 

・肥沃な土地を好むものの、丈夫な性質を持ち、あまり環境を選ばずに育つ。

 

・成長が早く、カエデの中でも巨木になる部類で、直径1mに達するものも見られる。このため大胆に剪定されることが多いが、夏場に大枝を切ると枯れこみやすい。

 

【品種】

・双子山、秋風錦、常盤錦など多数。

イタヤカエデの基本データ

 

【分類】カエデ科 カエデ属

    落葉広葉 高木 

【学名】Acer mono maxim.

【別名】トキワカエデ/ハナノキ

    エゾイタヤ/マイタヤ

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】15m~20m 

【用途】公園

【値段】2000円~20000円