庭木図鑑 植木ペディア > アサガラ

アサガラ(麻殻)

Silver bell tree

アサガラ 写真
アサガラの樹形
アサガラ 画像
枝葉の様子

アサガラ 写真 庭木図鑑
アサガラの葉
アサガラ 幹 コルク
樹皮の様子

【アサガラとは】

・近畿以西の本州、四国、九州を原産とする落葉樹。日本に自生するエゴノキ科3種(ほかにエゴノキ、ハクウンボク)の中でもっとも大きく育つ。

・一般的に庭木として使われることは少ないが、北海道では古くから造園に使われる。

・5月から6月にかけてエゴノキやハクウンボクと似たような白い小花を下垂させる。

・樹皮はコルク質が発達し、浅く裂けやすい。材は非常に割れやすく、これにちなんでアサガラ(麻殻)と名付けられた。

 

【育て方のポイント】

・自生地は渓流沿いや谷間などの湿地が多いものの、丈夫な性質を持ち、土質を問わずに育つ。

・寒さに強く、北海道南部以南であれば植栽できる。

・成長が早いものの、剪定によって抑えることは可能。ただし、樹形は整えにくい。自然樹形を鑑賞するのが望ましい。

 

【似たような樹種】

・オオバアサガラ

 文字どおり大型の葉を持つ種で、これも北海道では庭木として使われる。

・アメリカアサガラ

 より綺麗な花を咲かせるため、庭木としては日本産よりも人気が高い。

ハクウンボク

エゴノキ 

アサガラの基本データ

 

【分類】エゴノキ科 アサガラ属

    落葉広葉 高木 

【学名】Pterostyrax corymbosa

【別名】トウミョウ/スクモギ 

【成長】かなり早い

【移植】ふつう(通常は実生で増やす)

【高さ】10~15m

【用途】雑木

【値段】1000円~