植木ぺディア > 紅葉がきれいな木

紅葉がきれいな木

Autumn foliage in Japan

 綺麗に紅葉する樹木を、木の高さごと(低木・小高木・高木)に集めてみました。画像や樹種名をクリックすると詳細ページへ移動します。

 

 落葉広葉樹であれば大なり小なり紅葉しますが、茶色に近いものや葉の形があまり美しくないものは観賞価値がありません。ここでは手頃に紅葉を楽しめる人気の木に絞っています。

 

 なお、キレイな紅葉を見るには十分な日光と温度差が条件となりますので、同じ木や同じ場所でも年によって印象の変わることがあります。

低木(一般家庭におすすめ)

いくら紅葉が美しくてもモミジなんて庭に植えたら・・・という一般家庭向けです。上手に管理すれば3m以下に抑えることができる樹木です。

紅葉する低木

ドウダンツツジ

 

紅葉する低木の定番です。寒暖差があれば鮮やかに色付き、春に咲く花もきれいです。街路樹として植栽されている場合、茶色がかった紅葉になることもあります。

紅葉がきれいな低木

マルバノキ

 

いわゆる雑木の庭に使われる、ややマイナーな低木です。日陰でも育つという特徴がありますが、日向に植えれば季節の移ろいとともに葉が赤、黄色、紫などいろいろと変化し、微妙なグラデーションが楽しめます。

紅葉が美しい木

ニシキギ

 

紅葉の美しさを「錦」に例えて名付けられました。公園などでもいち早く色付き、その存在を主張します。人によっては、赤が強すぎる印象を受けるかもしれません。

紅葉がきれいな木

コマユミ

 

ニシキギとほぼ似たような低木ですが、枝の形状が少し異なります。8月頃から色付き始め、紅葉期にはニシキギ同様、真っ赤になります。

紅葉する低木

マユミ

 

しなやかな枝を利用して弓を作ったことから名付けられたマユミですが、風変わりな花や実とともに紅葉も楽しめます。ニシキギやコマユミの仲間です。

キレイに紅葉する木

トサミズキ

 

早春に咲く花が有名ですが、秋の黄葉も派手さはないものの、風情があります。手入れの際は、幹を根元から切って、株を更新するようにすれば、低木として維持できます。

紅葉が美しい樹木

ナツハゼ

 

画像は紅葉の様子ですが、新緑の頃も似たような赤い葉を見ることができます。ブルーベリーの仲間で、実は甘酸っぱく、食用になります。紅葉も実も楽しみたいという方におススメです。

紅葉がきれいな低木

オトコヨウゾメ

 

全体に地味な印象があるため、あまり普及していませんが、花、実、そして気まぐれに色付く紅葉と、見所の多い低木です。名前を洋風にすればもっと人気が出そうです。

紅葉が美しい庭木

オオデマリ

 

春に手毬のような大きな白い花を咲かせ、スノーボールとも呼ばれるオオデマリですが、真っ赤に染まる紅葉の美しさもなかなかです。

紅葉する植木

ブルーベリー

 

人気の果樹ですが、紅葉もキレイです。ただし、品種が多く、中にはほとんど紅葉しない種類もあるので注意が必要です。

黄葉する低木

クロモジ

 

渋めの黄葉で、黒く熟した実が彩を添えます。この木には、シロモジやダンコウバイといった仲間がいて、雑木の庭に使われます。5m近くになるものもありますが、一般的には低木とされます。

黄葉が美しい樹木

ネジキ

 

幹が捻じれて育つことから名付けられたツツジ科の低木。通好みの渋い紅葉(または紅葉)と春に咲くアセビのような花が特徴です。

小高木(やや広めの庭に)

ハナミズキ 紅葉

ハナミズキ

 

今では当たり前に植栽されるハナミズキですが、アメリカ生まれで、その紅葉の様子はまさにアメリカンです。乾燥に弱く、都市部で美しく色付くのは一握りではありますが。

ヤマボウシ 紅葉

ヤマボウシ

 

ハナミズキの仲間ですが、日本に自生するため、より美しく、和風に色付きます。晩夏にできる実が食用できることも魅力の一つです。

ナツツバキ 黄葉

シャラ(夏椿)

 

滑らかな赤褐色の幹や椿に似た白い花が美しく、一時はシンボルツリーとして大人気でした。

乾燥に弱く、暑さで葉がチリチリになりやすいので、都市部でキレイな紅葉を見るのは難しいかもしれません。

姫シャラ 紅葉

ヒメシャラ

 

上記のナツツバキと比べ、花が小型のものですが、黄褐色から赤に色付く紅葉や、ツルツルした木肌は秋から冬の庭を彩ります。写真では赤く紅葉していますが、黄色や茶色になる個体の方が多いようです。

シラキ 紅葉

シラキ

 

あまり知られた木ではありませんが、初秋の紅葉はマルバノキなどと同じように面白いグラデーションを見せます。5~10m程度になるのでやや広めの庭にお勧めです。

ハゼノキ 紅葉

ハゼノキ

 

西日本を代表する紅葉の木で、ウルシの仲間です。一般にキレイな紅葉にはある程度の寒さが条件となりますが、この木は暖地でも鮮やかに色付くことで重宝されます。

ナナカマド 紅葉

ナナカマド

 

北国の街路樹として使われ、紅葉の時期には息を飲むほどの朱色に染まります。花や実も見所ですが、暖かい地方では、美しい紅葉を見ることが難しい樹種です。

ソロノキ 紅葉

アカシデ


雑木林によく見られる木でイヌシデと合わせて単に「ソロ」と呼ばれることもあります。紅葉が美しい期間はやや短いですが、幻想的な風景を作ります。高さは10m程度

ヤマコウバシ 紅葉

ヤマコウバシ

 

クスノキ科の落葉樹で、冬の間じゅう枝に葉を残すことで知られます。枯れ果てて樹上に残る葉はキレイとは言い難いですが、紅葉の初期は見事な色彩のものがあります。高さは5m程度

高木(公園や街路樹向け)

桂 黄葉 画像

カツラ

 

紅葉の時期に、林の中で甘い香りがしたら、上を見上げてみましょう。そこに黄色く色付いた桂の木があるはずです。庭植えも多いですが、基本的には大木です。

公孫樹 黄葉 画像

イチョウ

 

中国生まれですが、秋の黄葉はあまりにも有名です。近年では銀杏が臭いとか、落ち葉が邪魔だとか、何かと風当たりが強いようです。

楓 紅葉 画像

モミジバフウ

 

アメリカ生まれのダイナミックな景観が公園や街路に映えます。現地では高さ40mにも達するものがあるそうです。

カイノキ 紅葉 画像

カイノキ

 

「学問の木」と呼ばれるウルシの仲間。美しい樹形は書道でいう「楷書」の語源になりました。画像は黄葉の様子ですが、環境や個体によって紅葉もします。

ナンキンハゼ 紅葉 画像

ナンキンハゼ

 

ハゼノキ同様に暖地でもカラフルに紅葉し、条件の悪いところでも丈夫に育つため、街路樹に使われます。「ハゼ」とはいってもウルシの仲間ではなく、樹液でかぶれることはありません。

コナラ 紅葉

コナラ

 

里山を形作るありふれた木ですが、条件がよければ美しく紅葉します。写真は日向の公園ですが、環境や個体によって、赤、オレンジ、黄色、褐色と変化に富みます。

ブナ 紅葉

ブナ


世界遺産である「白神山地」も、この木がなければお話になりません。白い幹に赤や黄色の紅葉が映えます。原生林ほどではありませんが、都市部でもそれなりに色付きます。樹高は最大で30m程度。

トウカエデ 紅葉 画像

トウカエデ

 

中国から入ってきたカエデで、トウカエデですが、秋に皇居が一般開放されるとき、もっとも目立って紅葉しているのが、この木です。丈夫な性質を持ち、街路樹としても多用されます。

ハウチワカエデ 紅葉 画像

ハウチワカエデ

 

日本のカエデ(モミジ)類の中でもっとも大きな葉を持つだけに、その紅葉も見事です。黄色、橙色、赤と移り変わり、最後は朱色に染まります。

モミジ 紅葉 画像

イロハモミジ

 

言わずと知れた紅葉の王様。様々な園芸品種があり、年間を通じて色付くものも結構あります。

 

このほか、モミジの仲間ではメグスリノキ、イタヤカエデ、ベニシダレ、ノムラモミジなどが人気です。