庭木図鑑 植木ペディア > テーダマツ

テーダマツ

Loblolly Pine

テーダ松 特徴 名前
高さ30m以上になる大型の松
テーダマツ 花
花の様子
テーダマツ 松ぼっくり
マツボックリの様子
てーだまつ 幹
樹皮の様子

【テーダマツとは】

・北米東部を原産とする松の一種ダイオウショウと並んで大木となることで知られる。アメリカンな名前の由来は学名「taeda(樹脂が多い)」にある。

 

・一見するとアカマツに似るが、アカマツよりも枝ぶりなどが荒い。また、アカマツは葉が二本一組で生じるが、テーダマツは三本一組で生じるので区別できる。

 

・葉の長さは10~15センチ程度で松類の中では長めだが、ダイオウショウ(長さ20~40センチ)よりは短い。

 

・英名の「Loblolly Pine」は「低湿地の松」を意味する。湿度や養分の乏しい荒れ地に真っ先に生えることから命名された。

 

【育て方のポイント】

・成長が非常に早く、枝葉は年二回伸長する。

・植栽の適地は関東南部以西。特に近畿地方では在来の松よりも生育が良い。

・他の松類と同様に陽光を好む「陽樹」であり、日陰への植栽は難しい。日当たりの良い肥沃地であれば、成長はかなり早い。

・他の松に比べ、松枯れ病に強い。

・剪定することは可能だが、大木であり、将来を見越してある程度のスペースがなければ植栽は難しい。公園やゴルフ場など、限定的に使用されている。

 

テーダマツの基本データ

 

【分類】マツ科 マツ属

    常緑針葉 高木

【学名】Pinus taeda L.

【別名】タエダマツ

【成長】早い

【移植】困難

【高さ】30m~35m

【用途】シンボルツリー/公園樹

【値段】400円~(苗木)