庭木図鑑 植木ペディア > チャボヒバ

チャボヒバ(矮鶏檜葉)

Cypress"chabohiba"tree

チャボヒバ 剪定例
丹念に手入れされたチャボヒバ
矮鶏檜葉 特徴
チャボヒバの葉
矮鶏檜葉 剪定例
チャボヒバの生垣
ヒバの種類
チャボヒバは和風の家によく似合う
鎌倉ヒバ 特徴
黄金チャボヒバは葉が黄色っぽい
ちゃぼひば 品種
葉に模様が入る「斑入り」の品種もある

【チャボヒバとは】

・かつては和風庭園の背景に欠かせない定番の植木として主に「玉散らし仕立て」にして観賞された。最近では日陰に強いコニファー、あるいは和モダンのコニファーとして再注目されている。

・葉の形がチャボの足型のようであること、あるいは枝が短いことを足が短い矮鶏(チャボ)に擬えて命名された。ヒノキの園芸品種。

・写真のように葉が黄色い「黄金チャボヒバ」の方が、より一般的に好まれる。

 

【育て方のポイント】

・北海道西部から九州までの広い範囲に植栽できる。日本の環境に馴染むのは、長年庭園に愛用されてきたことから実証されている。

・成長が遅く、手入れの手間が少なくてすむ。(立派な玉散らしにするには、数十年~百年近くかかる!)

・刈り込み剪定にも強いが、刈り込みバサミで葉を切断すると見苦しくなる。伸びた葉の先端を手で摘み取るのが基本。手入れの時期は6,7月及び11月、12月で、年に一度の場合は後者がよい。

・基本的には日向を好むが、半日陰にも耐える。

・移植が難しいため、植え場所は慎重に選ぶ必要がある。

・枝の一部が枯れた場合、成長が遅いので回復に時間がかかる。

 

【類似種との見分け方】

クジャクヒバに似るが、チャボヒバの葉が不整形(非対象)であるのに対して、クジャクヒバは名前のとおりクジャクの羽のように端整で、長枝を中心としてほぼ左右対称になっている。

 

チャボヒバの基本データ

 

【分類】ヒノキ科 ヒノキ属

    常緑針葉 中高木

【学名】Chamaecyparis obtusa

     var. breviamea

【別名】カマクラヒバ

【成長】遅い

【移植】やや難しい

【高さ】5m~7m

【用途】垣根/公園樹/盆栽

【値段】1800円~15000円