庭木図鑑 植木ペディア > シロマツ

シロマツ(白松)

White bark pine

白松 樹木
名前の由来となる樹皮の様子・・・白い?
白松 神宮外苑 絵画館
丹念に手入れされた様子 遠目にはカイヅカイブキのように見える
シロマツ 特徴
葉先は尖り、クロマツ同様に触れれば痛い
白松 画像
樹皮の下に将来の様子が見え隠れしているが・・・

【シロマツとは】

・中国北西部を原産とするマツの一種。マツの仲間としては長命であり、古木は独特な風格を持つことから、中国を中心に長寿の象徴あるいは神聖な木とされ宗教施設や墓苑に植栽されることが多い。

 

・日本に自生はなく、江戸~大正時代に中国から渡来し、各地の寺社(高野山や京都永観堂など)、一部の植物園や公園等に植えられた。庭木としての流通は乏しく一般家庭の庭にあるのは稀。

 

・名前の由来は樹皮にある。幼木の樹皮は褐色~深緑色であまり面白味がないが、樹齢20年ほど経つと樹皮が剥離し、プラタナスカゴノキのような斑模様になり、さらに老木では光沢のある淡い灰色になる。幹は触れるとサルスベリナツツバキのように冷んやりとしており、一般的な松のイメージとは程遠い。

 

・日本で一般的なクロマツアカマツの葉は二本一組だが、シロマツの葉は3本一組が基本で、稀に二本一組のものも混じる。仏具「鈷」にちなんで別名を「三鈷の松」という。葉の長さは5~10センチ程度。

 

・雌雄異花で4~5月に開花し、マツボックリは翌年の秋に熟す。花やマツボックリの様子はクロマツなどさほど変わりない。種子は食用、薬用となる。

 

【育て方のポイント】

・他の松類と同様に剪定して樹形を整えるが、成長が遅く、芽を出す力はクロマツやアカマツより弱いため、シンボルツリーとして貫禄を出すには相当な時間がかかる。

 

・日当たりの良い場所を好み、夏の暑さや乾燥に強い。

 

・病害虫に弱い。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花木 庭木の苗/ハクショウ(白皮松・白松)樹高1m根巻き
価格:9158円(税込、送料別) (2016/11/17時点)

シロマツの基本データ

 

【分類】マツ科/マツ属

    常緑針葉/高木

【学名】Pinus bungeana

【別名】ハクショウ(白松)/サンコノマツ(三鈷の松)

    白骨松/白皮松/虎皮松

【成長】遅い

【移植】簡単

【高さ】4m~30m

【用途】主木(シンボルツリー)

【値段】9000円~