庭木図鑑 植木ペディア > シラビソ

シラビソ(白檜曽)

Veitch's silver fir

シラビソ 写真 樹形
シラビソの樹形
しらびそ 樹木
幹の様子

アカトドマツ 植木 画像
幹の様子
シラベ 樹木 写真
枝の様子

Veitch's silver fir
葉の様子(初夏)
Veitch's silver fir
葉の様子(初夏)

Veitch's silver fir,leef
葉の様子(冬)
シラビソ 葉っぱ 画像
葉の裏側の様子

【シラビソとは】

・寒帯を代表する針葉樹で、日本では福島県以南、中部地方以北の深山に見られ、富士山や八ヶ岳付近には群生する。四国にも見られるが、これを別種(シコクシラベ)とする説がある。

・シラビソの葉は写真のとおり線形だが、触れてもチクチクしない。長さは2.5センチほど。葉は軸の両側に並んで生じるため、葉の軸がよく見えるのが特徴。また、枝には褐色の毛がある。

・雌雄同株で6月ごろに相当地味な花を咲かせる。球果(まつぼっくり)は円筒形で高さ5センチ程度。色は成熟とともに青紫色から黒褐色に変化する。球果の青紫色が特に美しいものをアオシラビソと呼んで尊ぶことがある。

・欧米では積極的にシラビソを庭園に使うが、日本では稀に公園などに見られる程度。基本的には材木として扱う。

・材はモミに似て軽量で柔らかく、パルプや建材、家具などに使われる。

・クリスマスツリーに使うウラジロモミは本種の仲間。

 

【育て方のポイント】

・自生地と同様の環境であれば放任しても育つ。モミやウラジロモミよりも標高が高く冷涼な地に育つ木であるため、温暖な都会では難しい。

・剪定は可能だが、円錐形の自然な樹形を鑑賞するのが基本。大木となるため狭い場所には不向き。

 

【品種】

・オオシラビソ

 別名をアオモリトドマツといい、青森県に多い。葉はシラビソよりも短く、枝に密生するため小枝の軸が見えない。シラビソよりも寒さに強く、いわゆる「樹氷」の状態で越冬することが多い。

 

シラビソの基本データ

 

【分類】マツ科 モミ属

    常緑針葉 高木

【学名】Abies veitchii

【別名】アカトドマツ/シラベ/シロベ

【成長】やや早い

【移植】やや難しい

【高さ】25~30m

【用途】公園/材木

【値段】