庭木図鑑 植木ペディア > コメツガ

コメツガ(米栂)

Northern Japanese Hemlock

コメツガ 庭木図鑑
環境が良ければ高さ20m程度になる
コメツガ 葉っぱ
葉は長さ4ミリ、幅1.5ミリと「米粒」のように小さい
コメツガ まつぼっくり
まつぼっくりは直径2センチほどで、枝に垂れ下がる
Northern Japanese Hemlock,trunk
樹皮は灰褐色で、縦に裂け目が入りやすい

【コメツガとは】

・本州から九州の高山に見られる常緑針葉樹。同属のツガよりも寒さに強く、海抜1500mあたりに生じる。自生地ではコメツガだけで林を形成することもある。

 

・米粒のように細かな葉、あるいはツガに比して小さい葉という意味合いで命名された。実際に販売されるコメツガの中には、ツガの葉が短小になった個体であることも多く、素人では区別を付けにくい。

 

・雌雄同株で5月~6月ころに花が咲くものの他のマツ科同様に鑑賞価値はない。9月から10月にかけてできる球果は卵型で直径2センチ程度。枝先に垂れ下がり、熟すと褐色になる。繁殖は、この実生による。

 

・平地では稀に公園などに見られる。かつては東京近郊でも植栽できたが、温暖化とともに年々生育が難しくなっており、都会の庭木に進んで用いるような樹木ではない。

 

・漢字標記では北米産の「米ツガ(ベイツガ)=ウエスタンヘムロック」と混乱しやすい。建材としては圧倒的にベイツガの取扱いが多い。

 

【育て方のポイント】

・基本的には放任しても樹形が整いやすいが、成長につれて下枝がなくなりやすいため、ある程度の高さで幹を切るとよい。

 

・建材、器具材、パルプ材に使われる木であって、造園用には向かない。造園用としては剪定などの管理がしやい「カナダツガ」が向いている。

 

【ツガとコメツガの違い】

ツガとの大きな違いは、コメツガの若い枝(一年生)に毛があること。その他の相違点は以下のとおり。

・葉~ツガは長さ10~20ミリ程度、コメツガは4~12ミリ程度

・幹~ツガは赤褐色で、コメツガは灰褐色

・冬芽~ツガは先端が尖り、コメツガは丸い。

 

苗:米栂(こめつが・コメツガ)

苗:米栂(こめつが・コメツガ)
価格:1,620円(税込、送料別)

コメツガの基本データ

 

【分類】マツ科 ツガ属

    常緑針葉 高木または小高木

【学名】Tsuga Diversifolia

【別名】ヒメツガ/クロツガ

【成長】やや遅い

【移植】普通

【高さ】1m~20m(環境によって多様)

【用途】公園/用材/盆栽

【値段】1500円~(盆栽)