庭木図鑑 植木ペディア > ウラジロモミ

ウラジロモミ(裏白樅)

Nikko Fir

Nikko Fir tree
条件が良ければ高さ40mにも達する
Nikko fir tree,picture
名前のとおり葉の裏側が白く見えるが・・・
ウラジロモミ 葉っぱ
葉の裏はストライプ模様になっている
ウラジロモミ 新芽 画像
ストライプ模様は新芽のうちからある
Nikko fir tree in Japan,picture
ウラジロモミの樹皮
ウラジロモミ 実 まつぼっくり
まつぼっくりはメタリックな紫色になる

【ウラジロモミとは】

・福島県以南の本州、四国及び九州各地の高地に自生する日本特産の常緑針葉樹で、モミノキと共にクリスマスツリー用に販売されることが多い。

・遠目から見ると名前のとおり葉の裏側が白く見える。近づいて見ると、画像のように緑と白のストライプ模様になっており、ここがモミノキとの大きな違い。(モミノキは薄緑色の単色)

・5月から6月にかけて花が咲くが、あまり目立たない。

・秋にできる実は紫色を帯びた楕円形で直径10センチほど。

・相当な大木となるため長期間、庭木として使われることは少ない。

 

【育て方のポイント】

・基本的には日向を好むが、西日や強い日差しには弱い。

・寒さに強い。

・暑さに弱く、住宅地の庭では夏場に枯れることがある。

・剪定すると形が乱れることや枯れ込むことがある。

・順調に育てば大木になるため、相応のスペースが必要。鉢植えにして育てるのが無難。

 

【類似種・園芸品種】

・モミノキとの違いは上述のほか、若枝に短い毛があるかどうか。ウラジロモミには毛がない。なお、モミノキは暖地向きであるのに対し、ウラジロモミは高地性であり、モミノキよりも寒冷で空気の綺麗な場所を好む。

 

モミノキの基本データ

 

【分類】マツ科 モミ属

    常緑針葉/高木

【学名】Abies homolepis

【別名】ニッコウモミ/ダケモミ

【成長】初めは遅く、次第に早く成長する

【移植】やや難しい

【高さ】15m~40m

【用途】シンボルツリー/洋風庭園

    クリスマスツリー

【値段】5000円~20000円