庭木図鑑 植木ペディア > レッドロビン

レッドロビン

Red Robin

レッドロビンの垣根 画像 例
新芽の赤味が際立つのが特徴
レッドロビン 生垣 イメージ画像
刈り込んだ後は、時期を問わず、赤い芽が出る
レッドロビンの特徴
葉はカナメモチに似るが、より大きい
レッドロビン 開花時期
開花期の様子
 flower of red robin
小さな五弁の花が集まっている

【レッドロビンとは】

・レッドロビンはカナメモチとオオカナメモチを掛け合わせた園芸品種で、現在ではこれらの原種よりも数多く出回り、都市部の垣根としてはもっとも一般的に見られる樹種の一つとなった。

 

・レッドロビンは「赤いコマドリ」の意。

 

・剪定をすれば季節を問わず、真っ赤な新芽が発生する。新芽は開く前から赤いのが特徴。 

 

・春には真っ白の小花を咲かせ、秋には赤い実をつける。ただし、頻繁に刈り込まれることが多いため、花や実を楽しむ木という印象は乏しいのが現実。

 

・葉がやや小さい「スカーレットパール」という品種がある。

 

【育て方のポイント】

・成長が早く、比較的早期に垣根を作ることができる。しかし、定期的な刈り込みを行わないと特に頭頂部は枝葉が鬱蒼としやすい。 

 

・日向を好むため、日陰では枝葉が間延びしたり、葉色が悪くなるなど不健全になりやすい。 

 

・有機質の多い肥沃な土壌を好むため、粘土質の新興住宅地では育ちが悪いこともある。 

 

・季節を問わず葉が赤いため、建物との調和を考慮する必要がある。 

 

・かつてレッドロビンは病気になりにくいとされたが、根頭がん腫病やゴマ色斑点病、カイガラムシの被害などに遭うことがある。特に夏場に強い剪定を行うとこれらの発生を誘発する。 

 

・寒さにやや弱く、寒冷地では生育の悪い場合がある。

 

【類似種との見分け方】

・レッドロビンはカナメモチ(ベニカナメモチ)より葉が大きい。春秋の新芽が出る時期は、カナメモチ(ベニカナメモチ)より二週間程度早い。

レッドロビンの基本データ


【分類】バラ科/カナメモチ属 

    常緑広葉/小高木 

【学名】Photinia × fraseri'Red Robin'

【別名】セイヨウベニカナメ/セイヨウカナメ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】3m~6m

【用途】垣根/公園

【値段】500円~2000円