庭木図鑑 植木ペディア > ヤブコウジ

ヤブコウジ(藪柑子)

Spearflower

ジュウリョウ 庭木
別名「十両」で知られるヤブコウジの実
ヤブコウジ 十両 草
「下草」として地面を覆うように使う例が多いものの・・・
ヤブコウシ 種類 特徴
葉色の明るいものは、洋風住宅の壁面緑化などにも使える
ヤブコウジの種類
ヤブコウジの園芸品種
斑入りやぶこうじ
ヤブコウジの園芸品種
斑入り
ヤブコウジの園芸品種
葉がちじれた品種
ヤブコウジの園芸品種
大実 葉が赤い種類
ヤブコウジの園芸品種

【ヤブコウジとは】

・秋から冬になる実が美しく、マンリョウ、センリョウ、ヒャクリョウなどとともに縁起の良い「金生樹」とされる。

・原産地は日本を含む東アジア。

・葉や実がコウジ(柑子)に似ていること、山地の藪の中に生えることからヤブコウジと名付けられた。

・地下茎によって繁殖し、地際に赤い実をつけるため、和風庭園の下草として好まれる。

・7月ころに白又はピンクを帯びた白色の花を咲かせる。

 

【育て方のポイント】

・日陰でも育つが実を楽しむには半日陰程度が限界。また強過ぎる日差しも好まない。

・北海道から沖縄まで幅広く生育できる。

・花崗岩が風化したような土を好み、環境に適応すれば地下茎が広がっていく。

 

【類似種・園芸品種】

・カマヤマコウジ~特に葉が大きい個体の呼称

・シラタマコウジ~実が白い品種

 

ヤブコウジの基本データ


【分類】ヤブコウジ科/ヤブコウジ属

       常緑広葉/低木

【学名】Ardisia japonica

【別名】十両/紫金牛/ヤブタチバナ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】10~30cm程度

【用途】下草/公園/鉢植え

【値段】300円~2000円