庭木図鑑 植木ペディア > マンリョウ

マンリョウ(万両)

Coralberry

マンリョウ 赤い実
手入れに手間がかからず、気軽に育てられる
万両 紅白 実
白実と並べて縁起を担ぐことも多い
マンリョウ 開花時期
夏に小さな花を咲かせる
Coralberry,leaf,picture
マンリョウの葉
万両 種類
葉に模様が入る品種もある
万両 樹木図鑑
下の葉を落としながら樹高1mくらいになる

【マンリョウとは】

・関東南部から九州の林内に見られるヤブコウジ科の常緑低木。かなりの日陰にも耐えるため、昔から和風庭園の下草として使われる。

 

・秋から冬になる赤い実は艶やかで美しく、鉢物として千両など共に正月飾りに用いられる。同じように赤い実をつけるセンリョウより美しく、価値が高いとして、万両と称されるようになった。

 

・あまり話題にならないが7~8月には写真のとおり、白い小さな花を咲かせる。 

 

・実が白い「シロミノマンリョウ」という種類もあり、紅白併せて植栽されることも多い。

 

【育て方のポイント】

・日陰から半日陰の下草として利用できる。日向でも育てられるが、葉の色が悪くなる。 

 

・剪定の必要がなく、手間がかからない。(芽を出す力が弱く、剪定には向かない。) 

 

・いわゆる「忌地植物」であり、他の植物が育った後の痩せた土地では生育がやや悪い。また、根が真下にしか伸びず、細根が少ないため、大きくなったマンリョウの移植は難し。一方、実を食べた鳥が糞をすることで思わぬ場所に増殖する「野良マンリョウ」が多い。 

 

【類似種との見分け方】

・センリョウと混同されることがあるが、センリョウの実は葉の上に、マンリョウの実は葉の下にできる。また、葉の形も異なる。 

 

・実が大きいオオマンリョウ(宝船)や紅葉する「紅孔雀」、葉に模様が入る「千鳥」などの品種がある。

 

マンリョウの基本データ

 

【分類】ヤブコウジ科 ヤブコウジ属

    常緑広葉 低木 

【学名】Ardisia crenata 

【別名】ハナタチバナ/ヤブタチバナ 

【成長】やや遅い 

【移植】簡単 

【高さ】0.5m~1m 

【用途】下草/和風庭園/鉢植え 

【値段】300円~2000円