庭木図鑑 植木ペディア > マメツゲ

マメツゲ(豆黄楊)

Mametsuge Holly

豆つげ 植木
マメツゲの葉は表面が膨らむ
マメツゲとイヌツゲ
イヌツゲの一品種であり、性質はほぼ同じ
マメツゲ 実 画像
マメツゲの実
マメツゲ 剪定
マメツゲは丸く仕立てられることが多い

【マメツゲとは】

・マメツゲはイヌツゲの一品種だが葉は円形で、表面の膨らむ様子が豆に似ていることから名付けられた。岡山県周辺に自生も見られるが、人工的に植栽されたものが多い。

・イヌツゲの品種である証拠に、種を播くとイヌツゲが生えてくる。マメツゲとして増やすためには挿し木する必要がある。

・性質はイヌツゲに準じ、初夏に花を咲かせ、秋には黒い実を付ける。

・庭木として使う場合は、数株を並べて、玉作り(まん丸に刈り込む)にすることが多い。

 

【育て方のポイント】

・イヌツゲほど大きくならない。

・成長が遅く、刈り込みの手間があまりかからない。

・病害虫に強く、寿命が長い。

・日陰に強い。(ただし日向の方が葉の色は良い)

・葉が細かに密生し、形を作りやすい。

・酸性土壌を嫌う(植え穴に石灰を散布する)

・枝が突然枯れることがある。

 

【類似種】

・マルバイヌツゲ、キッコウツゲ 

マメツゲの基本データ


【分類】モチノキ科 モチノキ属

    常緑広葉 低木 

【学名】Ilex crenata 'Convexa'

【別名】マメイヌツゲ

【成長】かなり遅い

【移植】簡単

【高さ】1m~2m程度

【用途】垣根/公園/トピアリー

【値段】500円~2000円