庭木図鑑 植木ペディア > マホニアコンフーサ

マホニア コンフーサ

Mahonia confusa

マホニア 花 時期
花の様子
マホニアコンフーサ 写真
樹形
マホニアコンフーサ 葉っぱ 画像
葉の様子

【マホニアコンフーサとは】

・ヒイラギナンテンの一種で、写真のように葉の幅が広く、縁のトゲが少ないのが特徴。

・近年、ヒイラギナンテンに代わって道路沿いの植え込みやショッピングモールなどに多用されるようになり、人気が高い。

ナンテン同様、「難を転じる」との願いをかけ、縁起を担ぐ風習もある。

 

【育て方のポイント】

・日向でも日陰でも育てることができ、西日にも強い。

・病害虫が少ない。

・大きくならず、扱いやすい。

・寒さには弱い。

・かつてはエスニックな雰囲気がもてはやされたが、最近ではありふれ過ぎており、個性的とはいえない。

 

【類似種との見分け方】

・ナンテンとは葉の形がまったく異なる。

・ヒイラギナンテンの葉は硬く反り返っているが、マホニアコンンフーサの葉は普通の常緑広葉樹の葉のように柔らかい。

 

マホニアコンフーサの基本データ


【分類】メギ科 マホニア属

    常緑広葉 低木

【学名】Mahonia confusa

【別名】コンフーサナンテン

    細葉ヒイラギナンテン

【成長】ふつう

【移植】簡単

【高さ】1m程度

【用途】グラウンドカバー/公園/街路樹

【値段】1000円~3500円