庭木図鑑 植木ペディア > ヒカゲツツジ

ヒカゲツツジ(日陰躑躅)

Hikage tsutsuji

日陰躑躅 画像 花
名前のとおり日陰でも開花する
日陰のツツジ
花は黄緑色を帯びた独特の色を持つ
ひかげつつじ 種類
シャクナゲに近い葉を持つ
日陰 つつじ 育て方
蕾の様子
日陰躑躅 葉っぱ
暑さが続くと葉が閉じることもある

【ヒカゲツツジとは】

・関東以西の本州、四国及び九州に分布する日本固有のツツジ。山地の岩場や水辺に見られる。

 

・花が控え目であることや、黄色系統のツツジが珍しいことから、和風庭園に重用される。山間の水辺を再現したような庭で石組みの近くに植えたり、日照条件の悪い大木の足元に植えたりと使い勝手が良いとされる。

 

・4月から5月にかけて咲く花は画像のとおり黄緑色を帯び、独特の雰囲気を持つ。日陰では蛍光色のようにも見え、自生地では水辺の景を照らすことから「サワテラシ」との別名を持つ。

 

・葉は画像のとおりの形状で長さは6センチ程度。一般的なツツジよりもやや肉厚で、小型のシャクナゲにも似る。

 

【育て方のポイント】

・基本的には丈夫な性質を持つが、湿気の多い場所を好み、乾燥することの多い都市部では生育が難しい。

 

・ヒカゲツツジとはいえ、日向でも育つ。完全な日陰では育たない。

 

・剪定は他のツツジ類同様、花の直後に行うが、成長が遅いため、頻繁に手を入れる必要はない。株立ち状に育つのが基本。

 

【品種】

・ヤクシマヒカゲツツジ

 屋久島に分布する小型の品種で、枝葉の一部は匍匐するように伸長する。

 

八重咲きヒカゲツツジ『スバル』R130

八重咲きヒカゲツツジ『スバル』R130
価格:19,800円(税込、送料別)

ヒカゲツツジの基本データ

 

【分類】ツツジ科 ツツジ属

    常緑広葉 低木

【学名】Rhododendron keiskei Miq

【別名】サワテラシ(沢照らし)

    メシャクナゲ

【成長】やや遅い

【移植】簡単

【高さ】1m~2m

【用途】和風庭園/公園

【値段】1000円~