庭木図鑑 植木ペディア > バリバリノキ

バリバリノキ

Bari bari no ki

バリバリノキ 葉っぱ
一度聞いたら忘れられない名前だが語源は不明
バリバリノキ 見分け
葉の裏面は白味を帯び、葉脈が突出している
バリバリノキ 葉っぱ
若い枝は緑色で、垂れ下がるものが多い
アオカゴノキ 樹木
高さは25m程度になる
バリバリノキ 幹 画像
樹皮にカゴノキほどの特徴はない

【バリバリノキとは】

・関東以西(岡山県を除く)に分布する暖地性の常緑樹。

・同属のカゴノキに似るが、葉は細長く10~20センチ程度で、先端が尖る。葉は枝先に集まってつき、葉と葉が風で擦れる音から「バリバリノキ」という名前になったという説があるものの、それほど硬い葉ではなく、真偽は不明。他には葉や枝に油分が多く、バリバリとよく燃えることから命名されたとする説もある。

・雌雄異株で8月頃に花を咲かせ、花の後には実ができる。花は薄い黄緑色の小花が集まったもので、それほど美しくはない。実はカゴノキに比べるとより大きく、越冬した後、6月頃に黒紫色に熟す。

・材は建材や家具に使われることもあるが、利用価値は乏しく、薪にされる程度

 

【育て方のポイント】

寒さに弱く、北海道や東北地方では育てられない。

・成長が早く、大木となる。一般家庭に植えるような木ではない。

 

【似たような木】

 ホソバタブ(アオガシ)ハマビワ

バリバリノキの基本データ

 

【分類】クスノキ科 カゴノキ属

    常緑広葉 高木

【学名】Actinodaphne longifolia NAKAI

【別名】アオカゴノキ(青鹿子の木)/アオガシ(青樫)

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】15m~25m程度

【用途】公園

【値段】─