庭木図鑑 植木ペディア > ナワシログミ

ナワシログミ(苗代茱萸)

Thorny elaeagnus

ナワシログミ 庭木図鑑 特徴
実(未熟)は「苗代(=田植えの頃)」に赤く熟す
苗代茱萸 花 香り
開花時期は花の少ない晩秋
Thorny elaeagnus,flower
小さくて目立たないが、香りは強く、甘い
なわしろぐみ 特徴
葉の縁が波打つようになっているのが大きな特徴
ナワシログミ 種類 画像
葉に模様が入る「斑入り」の品種や・・・
ナワシログミ 種類 特徴
銀色がかった葉の品種もある
ナワシログミ 庭木図鑑 画像
丸く刈り込まれることが多いが、放置すれば高さ3m程度まで育つ
ナワシログミ 幹
樹皮の様子

【ナワシログミとは】

・苗代を作る時期(5~6月)に実が熟すことからナワシログミという。学名はセイヨウニンジンボクに似た葉を持ち、オリーブに似た実がなるという意味だが、それぞれあまり似ていない。

・葉の裏が独特の銀白色で、風にあおられるとよく目立ち、遠目でも識別できる。

・赤く熟した実は食用できる。アキグミナツグミよりは渋みが少ないものの美味とは言いがたい。

・常緑で剪定に耐え、成長の強い枝にはトゲがあることから農家などの垣根に使われることが多い。また、盆栽として古木を愛でることもある。

・秋に咲く白い花はあまり目立たないもの、強い芳香があり、開花期はその香りが庭じゅうを覆うほどになる。

 

【育て方のポイント】

・土質を選ばず、乾燥地でも湿地でも耐える。また、病害虫もほとんど発生しないため。初心者でも育てやすい。

・日向を好む「陽樹」であり、日陰では生育が悪い。 

・四方八方に枝が広がり、形が乱れやすい。また、刈り込んでもすぐに新芽が出るなど多少管理に手間がかかる。

・寒さに弱いため、寒冷地には不向き。

 

【類似種、品種の見分け方】

・フイリナワシログミ(写真右下)~葉に模様が入る。その他、葉の色や模様が異なる「オーレア」、「ライムライト」、「マキュラータ」、「ギルドエッジ」など様々な品種がある。

 

ナワシログミの基本データ


【分類】グミ科/グミ属

     常緑広葉/低木

【学名】Elaeagnus pungens

【別名】トキワグミ/タワラグミ

【成長】早い 

【移植】やや難しい 

【高さ】1m~3m 

【用途】公園/垣根 

【値段】300円~3000円