庭木図鑑 植木ペディア > ナナミノキ

ナナミノキ(七実の木)

nanaminoki

ナナメノキとナナミノキ
ナナミノキの実
ナナミノキ
葉の雰囲気はクロガネモチに似る
ナナミノキ
蕾の様子
開花時期 ナナメノキ
ナナミノキの花は6月頃に咲く
ナナメノキ ナナミノキ
七色の実ではなく、たくさんの実がなるという意味あいで命名された
ナナミノキ 成長
成長は遅いが、放任すれば高さ10mにもなる
ななみのき
樹皮からは鳥もちを採取した

【ナナミノキとは】

・関東ではあまり見かけない木だが、静岡以西の本州及び中国を原産地とするモチノキの仲間で、関西や九州では庭木として普通に用いられる。

 

・外見や性質はクロガネモチに似るが、クロガネモチよりも葉の様子が涼しげであるため、現代的な家屋にも違和感がないとして人気がある

 

・モチノキやヤマグルマと同様、樹皮からはトリモチが採取された。

 

・6月ごろに写真のような薄紫色の花を咲かせるが、あまり目立たたず、話題にもなりにくい。

 

・10月ころから写真のような実をつける。実はモチノキの仲間としては大きい。この実の様子からナナミノキと命名されたが、語源は「七実の木」、「名の実の木」、「長実の木」と諸説ある。いずれも「美しい実がたくさんなる」といった意味を持つ。また、実の形がゆがんだ楕円であることから「ナナメノキ」という別名がある。

 

【育て方のポイント】

・雌雄異株であり、実がなるのはメスの木だけ。実がならない場合、それほど特徴のない「普通の木」という印象。実が目的であれば雌の木を植える。

 

・湿気と栄養分のある土地を好む。

 

・成長が遅く、それほど剪定の必要もないが、暖地であれば、刈り込みバサミで刈り込んで、背丈を抑えることもできる。

 

・都市部ではモチノキ同様にカイガラムシやハマキムシの被害に遭うことがある。

ナナミノキの基本データ 


【分類】モチノキ科 モチノキ属

    常緑広葉 高木 

【学名】Ilex chinensis 

【別名】ナナメノキ/カシノハモチ 

【成長】やや早い 

【移植】普通 

【高さ】5m~10m 

【用途】公園/主木 

【値段】1000円~5000円