庭木図鑑 植木ペディア > センリョウ

センリョウ(千両)

Chloranthus

センリョウ 実 画像
縁起物として名高い千両の赤い実
実が黄色い千両 画像
黄色い実がなる「キミノセンリョウ」
千両の葉っぱ 樹木図鑑
花の時期の様子
千両 植木 花
センリョウの花は小さくて目立たない
千両 植木
背丈は1m程度におさまるため狭い庭でも重宝される

【センリョウとは】

・和風庭園の下草の定番。縁起の良い名前から正月飾りに使われることで知られる。実はもとより、葉の形が小判に似ているとして縁起をかつぐこともある。

・秋から冬にかけてなる球形の赤い実は鳥が好んで食べる。

・あまり目立たないが初夏(5月~7月)に緑色の花を咲かせる。 

・実が黄色い「キミノセンリョウ」という種類もある。

 

【育て方のポイント】

・日向では葉が焼ける、日陰では実付きが悪いことから、明るめの日陰に植えるのが丁度よい。自然界では常緑樹林の根元に生えているのを見掛ける。

・本来は高温多湿で栄養分のある土地を好む。また、暖地性であり、寒さにはやや弱い。植栽適地は関東南部以西となる。 

・剪定の必要がなく、手間がかからない。(剪定には不向き)

 

【類似種との見分け方】

・マンリョウと混同されることがあるが、センリョウの実は葉の上に、マンリョウの実は葉の下にできる。また、葉の形も異なる。そもそも植物学的には両者の関係は遠い。

 

・そのほか、冬にできる赤い実を、お金に関連させて名付けられた下草には以下のような種類がある。(画像をクリックすると各ページへ移動します)

万両(ヤブタチバナ)
万両(ヤブタチバナ)
百両(カラタチバナ)
百両(カラタチバナ)

十両(ヤブコウジ)
十両(ヤブコウジ)
一両(アリドオシ)
一両(アリドオシ)

センリョウの基本データ

 

【分類】センリョウ科 センリョウ属

    常緑広葉 低木 

【学名】Chloranthus glaber

【別名】センリョ/クササンゴ

【成長】普通

【移植】簡単

【高さ】0.5m~1m

【用途】下草/和風庭園/鉢植え/切り枝

【値段】1000円~2000円