庭木図鑑 植木ペディア > スダジイ

スダジイ

Suda-jii tree

スダジイ 特徴
数本あれば巨大な森のように見える(花の時期)
シイノキ 種類
東京でも屋敷や寺社に普通に使われる
スダジイ 剪定
庭では鬱蒼としないよう、枝抜き剪定が行われる
椎木 種類 特徴
スダジイの新芽
すだじい 特徴
葉は表面に光沢があり、裏側は黄色く見える
シイの木 花 匂い
花は栗と同じような感じ
シイの実 食べる
実の様子 一見すると?だが・・・
シイノミ 画像 どんぐり
中にはドングリが隠れている
イタジイ 幹
樹皮は黒褐色で、縦に裂け目ができやすい

【スダジイとは】

・食べられるドングリがなる木の代表。椎茸のホダ木になることでも知られる。 

 

・いわゆる「鎮守の森」を形成する代表的な樹種。都市部の「お屋敷」や学校等にも広く植えられており、スダジイが一本あるだけで大きな森があるように見え、アオダイショウなどの住処になっていることもある。 

 

・新緑はライトグリーンで季節を経るに従って葉の緑が濃くなる。葉の裏側は年間を通じて黄色に近く、街路から見上げると木全体が黄色く見えるのが特徴。

 

・できはじめの実(ドングリ)は、全体がスッポリと殻に包まれてドングリは見えない。開花から一年半もの月日を経ると熟し、自然に殻が割れて中からドングリが顔を出す。多くのドングリはアクが強くて生食できないが、スダジイの場合は生でも食べられる。カヤの実のように火で炙ると香味が増して美味しい。

 

・ドングリの形が「シタダミ」という巻貝に似ていることから、シタシイ→シダジイに転化した。

 

【育て方のポイント】

・大木で幹も太くなるため、一般家庭で庭木として維持するには、定期的な手入れが必要。剪定にはある程度耐えるが、剪定を繰り返すと寿命が縮まりやすく、都市部では強い剪定によって衰弱した老木も多い。特に寒さに向かう時期に強剪定を行うと木に対するダメージが著しい。また、経年によって腐朽菌が発生しやすく、幹や枝が朽ちることもあるため落下事故等には気を付けたい。

 

・葉の緑が濃く、幹も暗い色であるため、重厚な雰囲気(=鬱蒼とした感じ)になりがちで、狭い庭には向かない。また、スダジイの下は日陰になるため、他の植物を育てにくい。明るめの雰囲気を持つ斑入り種や黄中斑種もある。 

シイの木 種類
斑入りスダジイ
椎木 種類
「黄中斑」といわれる斑入り種

 

【類似種との見分け方】

・単に「シイ」という場合、ツブラジイ(別名コジイ)を示す。ツブラジイとスダジイの見分け方は以下のとおり。

ツブラジイ 画像 樹木
ツブラジイの葉っぱ

(葉)

 スダジイの方がツブラジイより大きく肉厚。また、スダジイの葉はツブラジイよりも色が濃く、裏面に細かな毛が密生している。

 

(幹)

 スダジイの幹は写真のように縦に亀裂が入るが、ツブラジイの幹は滑らかで、亀裂が入るのは珍しい。


(実)

 ツブラジイの実は名前のとおり円形(円ら=つぶら)で小粒であるのに対して、スダジイの実は卵形に近く、より大きい。ツブラジイの別名であるコジイは実がスダジイより小さいことからきている。 

 

スダジイの基本データ


【分類】ブナ科/シイ属

     常緑広葉/高木 

【学名】Castanopsis cuspidata

       var.sieboldii 

【別名】シイ/ナガシイ/イタジイ

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】10m~25m

【用途】主木/垣根/街路樹 

【値段】1500円~7000円程度