庭木図鑑 植木ペディア > ジンチョウゲ

ジンチョウゲ(沈丁花)

Winter daphne

沈丁花 花言葉
花言葉は「栄光」「不滅」など
沈丁花 花 時期
花を上から見た様子
沈丁花 開花期
蕾の様子。開花時期は3月頃
沈丁花 白花 画像
花全体が白い品種もある
ジンチョウゲ 種類 画像
葉の縁に模様が入る「前島」という品種
じんちょうげ 画像
剪定された樹形
leaf of winter daphne
葉の様子

【ジンチョウゲとは】

・春先に芳香のある花を樹冠一面に咲かせることで知られる常緑低木。原産地は中国で、室町時代に日本へ渡来した。

・北海道南部から九州まで幅広く栽培されるが温暖な地ほど生育がよい。 

・日本にあるのはほとんどが雄株であり結実しない。挿し木によって人為的に増やしている。

 

【育て方のポイント】

・いわゆる「陰樹」であり、半日陰に植えるのが適しているが、極端な日陰でなければ、どこでも育つ。

・幼樹は移植できるが成木は移植できないため植える場所は慎重に選ぶ必要がある。

・放任しても丸い形にまとまりやすい。剪定にも強い。 

・乾燥や過度の湿気で突然枯れることがある。 

・病害虫に比較的強いが、風通しが悪いとカイガラムシ等がつく。

 

【類似種との見分け方】

・フクリンジンチョウゲ~葉が白く縁取られている。 

・シロバナジンチョウゲ~花の内部も白い。

 

ジンチョウゲの基本データ


【分類】ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属 

    常緑広葉 低木

【学名】Daphne odora

【別名】ジンチョウ/チョウジ/瑞香

【成長】遅い

【移植】難しい

【高さ】1m~2m

【用途】花木/公園/街路樹 

【値段】600円~5000円