庭木図鑑 植木ペディア > シャリンバイ

シャリンバイ(車輪梅)

Indian hawthorn

車輪梅の花 開花時期
シャリンバイの花は5~6月に咲き、中央部は黄色から紫へ変化する
しゃりんばい 葉っぱ
葉は厚く、光沢がある
シャリンバイ 花言葉
花の時期の様子 花言葉は「愛の告白」「純真」など
Indian hawthorn
秋にはブルーベリーのような実ができる
オフィス街の植え込み
煙害、乾燥、日陰によく耐え、垣根としての使用も多い
シャリンバイ 木
海辺では大きく育ったものも見られる
おおしまつむぎ 木の名前
大島紬はシャリンバイの樹皮で作った染料を使う

【シャリンバイとは】

・初夏にウメに似た花が円錐状に集まって開花し、枝葉が車輪状に付くことから命名された。樹皮から作られた染料が大島紬に使われることで知られる。

・梅同様、花には香りがあり、それなりに楽しめるが、積極的に花を楽しむ木というよりは、丈夫な性質が買われて、道路沿いの目隠しや植えつぶしに用いられることが多い。背丈もあまり大きくならないため、高速道路の中央分離帯など、維持管理に手間がかかる場所に植えられる。 

・秋になるとブルーベリーに似た直径1センチ程度の実ができる。

・別名ハマモッコクのとおり素人目には葉がモッコクに似る。

  

【育て方のポイント】

・東北地方南部から沖縄まで幅広く植栽できる。

病害虫や日陰に強く、痩せ地など、環境の悪い道路沿いでも生育できる。 

・自生地は海辺が多いため潮風に強く、海沿いの緑化にも使用できる。

・刈り込みに強い。

・乾燥にも強いが、乾燥が激し過ぎると葉が傷むことがある。

 

【類似種との見分け方】

・マルバシャリンバイ~葉が原種よりも丸く、小枝が密生する。また、樹形は球形で背丈が低い。マルバシャリンバイと区別するために原種をタチシャリンバイと呼ぶこともある。 

・ヒメシャリンバイ~葉が小型(長さ2~3センチ)

・ホソバシャリンバイ~文字どおり、シャリンバイよりも葉の幅が狭い。

 

シャリンバイの基本データ

 

【分類】バラ科 シャリンバイ属

    常緑広葉 低木 

【学名】Rhaphiolepis indica

【別名】ハマモッコク/テーチ木

       タチシャリンバイ

【成長】やや遅い 

【移植】やや難しい

【高さ】1m~4m

【用途】垣根/街路樹/公園樹

【値段】200円~2000円