庭木図鑑 植木ペディア > シャクナゲ

シャクナゲ(石楠花)

rhododendron

しゃくなげ 花 種類
シャクナゲは種類が多く、花の形も様々
赤星 しゃくなげ
アカボシシャクナゲ
石楠花 葉っぱ 画像
シャクナゲの葉の様子
シャクナゲ 実
晩秋の様子
シャクナゲ 花 画像
高山に分布し、栽培が難しい「高嶺の花」と呼ばれる

【シャクナゲ

・北半球を主に世界中に見られる約600種の花木の総称。日本では本州中部以西、四国及び九州の山地に見られる。

 

・日本産のシャクナゲは本来、高山性であるが、品種改良の結果、高温多湿の土地に耐える品種も生まれた。

 

・漢字名の「石楠花」は本来「オオカナメモチ」を示すもの。誤用が広がったと考えられる。

 

【育て方のポイント】

・湿気があり、かつ排水のよい日向を好む。

 

・花の観賞価値が高いことから人気のあるシャクナゲであるが、一部の園芸品種を除けばデリケートな性質を持ち、原産地に近い環境で育てなければ開花を見るのは難しい。特に都会での地植えは開花が難しい。

 

・芽を出す力は弱く、むやみに剪定すると樹勢が目に見えて衰える。また、移植も難しい。広い場所で、自然な株立ち状に育てるのが理想。

シャクナゲの基本データ

 

【分類】ツツジ科/ツツジ属

    常緑広葉/低木~小高木 

【学名】Rhododendron spp.

【別名】

【成長】遅い 

【移植】難しい

【高さ】1m~4m 

【用途】シンボルツリー/鉢植え 

【値段】2000円~20000円程度