庭木図鑑 植木ペディア  > ギンモクセイ

ギンモクセイ(銀木犀)

fragrant white olive

銀木犀 花の写真
花の様子
ぎんもくせい 画像
樹形

銀木犀 葉っぱ
葉の様子
ギンモクセイ 幹 画像
木肌の様子

【ギンモクセイとは】

・中国を原産地とする常緑樹で、9月から10月にかけて芳香のある白い小花を密生させる。キンモクセイ(金木犀)に比べると香りは弱い。

・庭木としてはキンモクセイの方が一般的であるが、単に「モクセイ」という場合、キンモクセイではなく本種を示すことが多い。

・主に垣根に利用されるほか、楕円形、円筒形に刈り込んで主木とする場合もある。

・金木犀の実は珍しいが、銀木犀は日本でも結実しやすく、神社仏閣などの大木では実を見ることができる。

 

【育て方のポイント】

・密度の高い、重たい土を好むが、それほど土質は問わずに成長する。

・成長に伴って幅が広がるため、狭い場所の垣根には向かない。

・放任すると大きくなるため、毎年刈り込む必要がある。剪定は花の直後か3~4月が適期であり、剪定の時期を誤ると開花を楽しむことができない。

 

【類似種との見分け方】

・キンモクセイは花がオレンジ色で、香りがやや強い。

・ギンモクセイは葉を縁取るギザギザ(細鋸歯)がキンモクセイよりも目立つ。

・花色の薄いウスギモクセイは春にダークブルーの実がなる。

ヒイラギモクセイはギンモクセイよりさらに葉のギザギザが大きい。

モクセイ■良品庭木■ギンモクセイ10.5cm

モクセイ■良品庭木■ギンモクセイ10.5cm
価格:668円(税込、送料別)

ギンモクセイの基本データ


【分類】モクセイ科 モクセイ属

    常緑広葉樹 高木 

【学名】Osmanthus fragrans

    Lour. var. fragrans 

【別名】ギンケイ/モクセイ

【成長】やや遅い

【移植】簡単 

【高さ】3m~6m

【用途】垣根/公園/街路樹 

【値段】500円~3000円程度