庭木図鑑 植木ペディア > キシツツジ

キシツツジ(岸躑躅)

Kishi tsutsuji

岸躑躅 特徴
西日本の水辺に見られる
キシツツジ 特徴
高さは1m程度にしかならない

【キシツツジとは】

・西日本を代表する躑躅であり、名前のとおり渓谷の岩場や川岸に見られるが、自生地は中国地方及び四国の一部に限られる。

・4月から5月にかけて咲く花は直径5センチほどで、雄しべが10本ある。また、花弁の一部に濃い色の斑点があるのが大きな特徴。花の色には赤と紫がある。

・古くから栽培され、本種を片親として多くの園芸品種が作り出されている。

・葉の柄や若い枝に毛が密生する。

 

【育て方のポイント】

・自生地では川が増水した際に水をかぶるような場所であり、かなりの湿地を好む。

 

【類似種】

・モチツツジに似るが、葉がより細い。また、雄しべの数が異なる(モチツツジは5本、キシツツジは10本)

キシツツジとモチツツジ
モチツツジ(花車)

キシツツジの基本データ

 

【分類】ツツジ科/ツツジ属

     常緑(半常緑)広葉/低木 

【学名】Rhododendron ripense

【別名】イワツツジ/イソツツジ

    カワラツツジ

【成長】普通

【移植】簡単

【高さ】0.5m~1m

【用途】公園/花木

【値段】1000円~