庭木図鑑 植木ペディア > カンツバキ

カンツバキ(寒椿)

Camellia hiemalis

カンツバキの花言葉は
花言葉は「謙譲」「愛嬌」など (画像の品種は「勘次郎」)
カンツバキ 葉っぱ 画像
葉の縁のギザギザが目立つのが特徴
寒椿 大刈り込み
背が低いため、こうした植え込みにも利用できる

【カンツバキとは】

・カンツバキはサザンカとツバキの交雑種で(異論もあり)、10月~12月ころにかけて写真のような赤い花を咲かせる。

・ヤブツバキなどに比べて樹高が大きくならず、枝が横に伸びる性質があることや自然に形が整いやすことから、一般家庭の庭木として広く使われている。

 

【育て方のポイント】

・大気汚染に強いため、道路沿いの緑化に使うことができる。

・日向を好むが、半日陰でも育てられる。

・芽を出す力が強く、剪定によく耐える。

・西日や冬の寒風には弱い。

・チャドクガの被害に遭いやすい。

 

【類似種、園芸品種】

・ツバキやサザンカの分類は難しいが、カンツバキという言葉は狭い意味では「寒椿」という園芸品種を示し、広い意味では「富士の峰」、「朝倉」、「緋乙女」などカンツバキ系のツバキを示す。以下、花の色別に品種の一例

 

紅/ピンク花の品種

寒椿の名前
昭和の栄え
真っ赤なカンツバキ
夕陽

寒椿の種類、品種
マソティアーナルブラ
寒椿 ピンク 名前
獅子頭(ししがしら)

カンツバキ 品種
ジェニファースーザン 
寒椿 花の色
長春(ちょうしゅん)

ピンク色のカンツバキ 種類
玉姫
カンツバキの種類 画像
曳馬乙女(ひきまおとめ)

ピンクの花のカンツバキ
発心桜(ほっしんざくら)
cotton candy,flower
コットンキャンディ

寒椿図鑑
敷島
赤い花のカンツバキ 名前
秋の装い

絞り 寒椿 種類
絞昭和の栄え

白い花の品種

silver dollar,picture
シルバーダラー
カンツバキ 種類
白寒椿

白いカンツバキ
朝倉
カンツバキ 白い花の品種
秋月

寒椿 種類 画像
姫白菊
白い花のカンツバキ
皇玉

かんつばき 図鑑
千里の秋(ちさとのあき)
白い花のカンツバキ 名前
富士の峰

かんつばき 図鑑
稚子桜
白い花のかんつばき 名前 種類
重ね扇

Camellia hiemalis
瀬戸白(せとじろ)

カンツバキの基本データ


【分類】ツバキ科/ツバキ属

     常緑広葉/低木 

【学名】Camellia × hiemalis

【別名】シシガシラ/ヒラカン

【成長】普通

【移植】簡単

【高さ】1m~2m

【用途】垣根/公園/花木/街路樹

【値段】1000円~5000円程度