庭木図鑑 植木ペディア > カラタネオガタマ

カラタネオガタマ(唐種招霊)

Banana shrub

からたねおがたま 花の香り
バナナの香りを放つ花は5月頃に咲く
カラタネオガタマ 葉っぱ
カラタネオガタマの葉と蕾
Banana shrub
花弁の縁は紫色になる
ポートワイン おがたま
紫の花が咲く品種もある
カラタネオガタマ 実 種子
花の後には実ができる
トウオガタマ 種子
熟すと鮮やかなオレンジ色になる
からたねおがたまの木 樹木図鑑
一見するとサザンカやモチノキに似る
カラタネオガタマ 幹
樹皮の様子

 

【カラタネオガタマとは】

・「ポートワイン」として知られる紅花種が有名なカラタネオガタマは、名前のとおり唐=中国の南部を原産とするモクレンの仲間で、江戸時代~明治初期に日本へ渡来した。

 

・オガタマは「招霊(オキタマ)」が転訛したもので、かつては神の依代として寺社を中心に植栽されたが、大きくならず管理しやすいため、次第に一般家庭でも使われるようになった。

 

・日本の暖地にもオガタマノキが分布するが、カラタネオガタマの方が枝葉が密で、花付きも良いため好まれる。

 

・5月~6月にかけて咲くクリーム色の花は、バナナに似た香りを放つため、英語ではバナナブッシュと呼ばれる。香りが強いため好みが分かれる。写真のように花弁が全開せず、控えめに咲くのが特徴。花は首飾りなど装飾品として使われる。

 

【育て方のポイント】

・日当たりと水はけの良い場所を好む。水はけの悪い場所では根腐れを起こしやすい。よく日が当たる建物の南側に植えると良い。

・寒さにやや弱いため植栽適地は関東以南となる。

 

【品種】

・雲南オガタマ~カラタネオガタマよりも白がキレイな花を咲かせる。

・アルスピック~花や葉が大きい品種

【オガタマノキとカラタネオガタマの違い】

・似たように扱われるが、見た目からして、まったく異なるので混乱することはない。オガタマノキは大木であり、葉は長さ10センチ程度で、カラタネオガタマとは比較にならないほど大きい。一方、花は葉に埋もれるように咲き、目立たない。色は純白に近く、香りはほとんどない。オガタマノキのページはこちら

カラタネとの違い
オガタマノキの葉っぱ
見分け
オガタマノキの花

カラタネオガタマの基本データ

 

【分類】モクレン科/オガタマノキ属

     常緑広葉/小高木 

【学名】Michelia figo 

【別名】トウオガタマ(唐小賀玉)

    ポートワイン(紅花)

       バナナノキ/バナナブッシュ        

【成長】やや遅い

【移植】やや難しい

【高さ】3m~5m

【用途】花木/シンボルツリー/垣根/公園

【値段】800円~10000円程度