庭木図鑑 植木ペディア > カクレミノ

カクレミノ(隠蓑)

Kakure-mino

隠れ蓑 意味
地味だが使い勝手が良く、和風庭園に多い
カクレミノ 樹木
「隠れ蓑」に形が似るという葉っぱ
カクレミノ 木 特徴
葉の裏側の様子
ミツデ 葉っぱ
古い葉は黄色くなって落下する
カクレミノ 紅葉 画像
秋には綺麗に紅葉するものもある
カクレミノ 葉の形
カクレミノの葉の形は成長に伴って変わるのが大きな特徴
カクレミノ 花 写真
花期の様子(7~8月)
開花時期 かくれみの
成木になるとこんな花を咲かせる
カクレミノの実 画像
実は熟すと黒くなる
カクレミノ 庭木
高さは7m以上に育つ
kakuremino
大木の樹皮の様子

【カクレミノとは】

・関東南西部から沖縄に分布するウコギ科の常緑樹。ヤツデアオキとともに日陰に強い植木の代表であり、和風庭園(特に茶庭の露地)や飲食店の軒先などに多用される。 

 

・葉の形が伝説上の「隠れ蓑」(それを着ると姿を消すことができるという「透明マント」のような代物)に似ていることから命名された。

 

・幼木のうちは葉が3つ~5つに裂けるが、成木になると長楕円形の葉だけになる。また突然変異も多く、写真のように葉の形には変化が多い。葉は古くなると黄色くなって落ちるが、。

 

・ほとんど目立たないものの、成木になると6~8月に黄緑色またはクリーム色の五弁花(画像参照)が咲き、秋から冬にかけて実が黒く熟す。

 

【育て方のポイント】

・日陰に強い。(ただし、最適地は半日陰) 

・軒下など夜露のあたらないところでも栽培できる。 

・日向では半球状に育つのが基本。剪定に強く、形をまとめやすいため、比較的狭い場所でも育てることができる。むしろ、剪定せずに放任すると樹形が頭でっかちになりやすい。

・病害虫、風に強い。 

・寒さに弱く、北海道や東北地方では育たない。

 

【類似種、園芸品種など】

・葉が卵型になる成木を「マルミツデ」と呼んで区別することがあるが、同一品種である。蓑に似た葉を持つ若木より価値が劣るとされ、和風庭園で使われることは少ない。

 

カクレミノの基本データ

 

【分類】ウコギ科/カクレミノ属

    常緑広葉/小高木 

【学名】Dendropanax trifidus

【別名】ミツデ/ミツナガシワ/カラミツデ

    ウリノキ/ミツデガシワ/ミソブタ

【成長】ふつう 

【移植】簡単 

【高さ】2m~7m 

【用途】垣根/和風/公園 

【値段】500円~10000円