庭木図鑑 植木ペディア > オオムラサキツツジ

オオムラサキツツジ(大紫躑躅)

Oomurasaki(azalea)

オオムラサキツツジ 画像
ツツジの中では最も大きな花を咲かせる
大紫躑躅 特徴
高さは2m程度まで育つ
オオムラサキツツジ 画像 特徴
丸く刈り込んで管理されることが多いが・・・
オオムラサキ 街路樹
花のない時季は目立たず、ないがしろにされやすい

【オオムラサキツツジとは】

・オオムラサキツツジは平戸ツツジの一種。洋風和風を問わずに使用できるもっともポピュラーな低木の一つであり、ふつうツツジといえばこれを示すことが多い。

・4月から5月にかけて咲く鮮やかな紫色の花は、ツツジの仲間でもっとも大きい。

・暑さ寒さに強く丈夫で育てやすいため、初心者にもっとも適した植木の一つ。道路沿いや公園に列植されていることも多い。

流通量が多く、入手しやすいが、ありふれ過ぎており、通好みとはいえない。 

 

【育て方のポイント】

・大気汚染等、都市部の公害に強い。

・芽を出す力が強く、剪定にもよく耐える。

・日向を好み、日陰では花つきが悪く、枝葉も間延びするなど育ちが悪い。

・水はけの良い酸性土壌を好む。

オオムラサキツツジの基本データ

 

【分類】ツツジ科 ツツジ類

    常緑広葉 低木 

【学名】Rhododendron oomurasaki

【別名】オオムラサキ

【成長】普通

【移植】簡単

【高さ】1m~2m

【用途】公園/花木

【値段】800円~2000円