庭木図鑑 植木ペディア > イチゴノキ

イチゴノキ(苺の木)

strawberry tree

イチゴノキ 特徴
イチゴほど美味しくはないが生食できる 
strawberry tree,leaf
イチゴノキの葉っぱ
イチゴノキ 花 画像
初冬にアセビのような花が咲く
いちごのき 高さ
樹高5m程度まで育つ
イチゴノキ 幹
樹皮もアセビやシャシャンボに似る

【イチゴノキとは】

・ヨーロッパを原産とする低木。実が苺に似ることから名付けられたがお馴染みの苺の仲間ではなく、ツツジ科に属する。

 

・あまり大きくならないことや、果実の見た目の可愛らしさ、他の花木よりも開花時期が遅い(11月~12月)ことなどから近年、急速に普及が進んでいる。

 

・花は釣鐘状で秋に咲く。形状は同じツツジ科のアセビに似ており、色は白かピンク。幹は赤味がかっており、これもアセビやシャシャンボに似る。

 

・苺のような実は生食できるものの、味は期待できない。鑑賞用あるいはジャムや果実酒などに加工して楽しむことはできる。イチゴというよりはヤマモモに近い。

 

【育て方のポイント】

・暑さ寒さに強いが、本来は乾燥地を好む。水はけの悪い場所の場合は土壌を改良した方がよい。

・火山地帯を原産とし、ツツジ科としては例外的にアルカリ性の土壌でも育つ。しかし、あまり神経質になる必要はない。

・枝葉はそれほど茂らないため、他のツツジ類のように大胆に刈り込むと生育が不良となる。

 

【品種】

・ピンクの花が咲く品種や、背丈が高くならないヒメイチゴノキがあり、庭木としてはより適している。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花木 庭木の苗/ヒメイチゴノキ(アルブタス):白花4〜5号ポット
価格:1602円(税込、送料別) (2016/11/19時点)

イチゴノキの基本データ

 

【分類】ツツジ科/イチゴノキ属

    常緑広葉/低木 

【学名】Arbutus unedo

【別名】ストロベリーツリー

【成長】やや遅い

【移植】簡単

【高さ】2m~5m

【用途】鑑賞

【値段】1500円~