庭木図鑑 植木ペディア > イチイガシ

イチイガシ(一位樫)

Ichii oak

イチイガシ 樫の種類
イチイガシは西日本の神社や寺院に多い
樹木 イチイガシ
イチイガシの新芽
イチイガシ 見分け
葉の上半分にギザギザがある
イチイガシ 特徴
葉の裏側は白っぽい
樫の種類
条件が良ければ30m近くに達する
いちいがし 樹木図鑑 写真
若い木の樹皮はシラカシによく似る
カシの仲間 種類
成長に伴い樹皮は剥げ落ちる

【イチイガシとは】

・関東南部より西の暖地に自生するカシの仲間。奈良公園に数多く見られる。

・丈夫な材が船の櫓に使われたことから「ロガシ」という別名がある。

・他のカシと異なり、実(=どんぐり)はアク抜きせず、生で食べることができる。縄文時代から人間の食糧となっていたことが遺跡から判明している。

・神社仏閣や公園に多く、庭木として使われることは少ない。

 

【育て方のポイント】

・日本に育つカシの中ではもっとも温暖な地を好むが、基本的にはシラカシなどと同じような性質を持つ。

 

・歳月を経れば大木になるため、計画的に剪定し成長を抑える必要がある。強度の剪定には弱いため、一度にたくさんの枝葉を切ることは避けたい。

 

イチイ
イチイ

【類似種、品種の見分け方】 

・葉の裏側に細かな毛が密生しており、遠目には白っぽく見える。また、葉の上半分に鋸歯(ギザギザ)がある。これらは他のカシにない特徴であり、容易に見分けることができる。

 

 

・地方によっては本種を「イチイ」と呼ぶが、一般的に「イチイ」という場合、イチイ科の針葉樹を指す。

イチイガシの基本データ

 

【分類】ブナ科/コナラ属

    常緑広葉/高木 

【学名】Quercus gilva

【別名】イチガシ/ロガシ/イチイ

【成長】やや遅い

【移植】簡単

【高さ】8m~30m

【用途】神社/寺院/公園

【値段】