庭木図鑑 植木ペディア > アラカシ

アラカシ(粗樫)

Arakashi(Japanese Oak)

アラカシ 樹木
関西に多いカシの仲間
アラカシのドングリ
ドングリ(堅果)は秋に成熟する
アラカシ 冬芽
早春の様子
アラカシ 葉っぱ 写真
新芽は赤く・・・
粗樫 花 画像
花が咲く頃には黄変する
アラカシ 画像 樹木
放置すると鬱蒼としやすい
アラカシ 手入れ 例
剪定された様子
アラカシの生垣 例
アラカシの生垣
アラカシ 幹 画像
アラカシの幹

【アラカシとは】

・いわゆる「ドングリの木」の代表的な樹種。宮城県以西の本州から沖縄まで分布するが特に西日本に多く、関西地方ではごく一般的に庭木として使われる。

 

・かつてはカイズカイブキウバメガシと並んで、関西の三大生垣用樹とされ、ウバメガシについで多用された。材も用途が多く、建材、器具材、木炭に適する。

 

・枝の出方が荒いこと、幹に割れ目が多くて粗い感じがすること、材が堅いことなどから「粗い堅し」→「アラカシ」と呼ばれるようになった。似たような名前の「アカガシ」とは別物。ちなみに「アオガシ」もある。

 

・4~5月に花が咲き、秋になると直径2cm弱のドングリができ、年内に熟す。花には雄雌があり、雌花は写真のように垂れ下がるが、雄花は目立たない。ドングリは同類のシラカシよりもやや大きい。

 

・株立ちにして、短めの枝葉を付けて仕立てたものは「棒ガシ(ボウガシ)」と呼ばれ、一定の人気がある。 

 

・比較的、安価に入手できるが、特徴がないのが特徴で、素人には葉っぱが覚えづらい樹種の一つ。

 

【育て方のポイント】

・病気、害虫、強風に強い。 

・放置すれば大木になる上、下の方の枝がなくなりやすい。一般家庭で管理する場合、最低でも年に一回は頂部を刈り込んで上方への成長を抑える必要がある。通常は画像のようにおもいっきり枝を抜いてスカスカに剪定されることが多いが、剪定には強い。

 

【類似種との見分け方】

・単に「カシ」という場合、関東地方ではシラカシを、関西地方ではアラカシを示すことが多い。

 

シラカシと比べるとアラカシの葉は幅広で卵型に近く、緑色が濃い。また、シラカシは葉の縁すべてがギザギザ(鋸歯)であるのに対して、アラカシは葉の先端付近のみにギザギザがある。そしてアラカシの葉の裏には毛があるが、シラカシにはない。

 

シラカシとアラカシの違い
アラカシの葉っぱ
アラカシとシラカシの区別
シラカシの葉っぱ

アラカシの基本データ 

 

【分類】ブナ科 コナラ属

    常緑広葉 高木

【学名】Quercus glauca

【別名】アラガシ/クロカシ/オオガシ

    オオバガシ/イヌガシ

    ナラバガシ 

【成長】やや早い 

【移植】簡単 

【高さ】15m~20m

【用途】垣根/公園/街路樹 

【値段】500円~2000円