庭木図鑑 植木ペディア > アメリカヒイラギ

アメリカヒイラギ

American Holly

christmas,ornament,tree,red fruits
アメリカヒイラギはクリスマス飾りに使われる
American holly,leaf,picture
シナヒイラギよりも光沢がなく、マットな印象の葉
あめりかひいらぎ くりすます
葉の裏側は黄色っぽい
アメリカンホーリー 花 時期
アメリカヒイラギの花は初夏に咲く。花言葉は「清廉」
American holly tree,red fruits
実の直径は8ミリほど
ヒイラギ 種類
イメージとは異なり、大木となる
ヒイラギ 種類 特徴
樹皮はモチノキに似る

【アメリカヒイラギとは】

・北アメリカ東部から北部を原産地とするモチノキ科の常緑樹。冬にできる赤い実が美しく、セイヨウヒイラギ、シナヒイラギと共にクリスマスの飾りに使われる。節分に使う日本のヒイラギとは科属が異なるまったくの別物。

 

・セイヨウヒイラギと混乱しやすいが、アメリカには本来セイヨウヒイラギがなく、本種をクリスマス飾りとして代用したとされる。

 

・葉は他の「~ヒイラギ」と同様に、若い木には縁に棘があり、老木では棘がない楕円形となるのが一般的。葉の表面の光沢はシナヒイラギに比べると乏しく、見分けるポイントになる。

 

・雌雄異株で初夏に画像のような白い花を咲かせる。ちなみに日本のヒイラギは冬に開花し、実の色は黒っぽい。

 

【育て方のポイント】

・原産地は海岸付近や湿気の多い山林であり、乾燥に弱い。

 

・ある程度の日陰に耐え、土質はそれほど選ばずに育つ。

 

・風通しの悪い場所ではカイガラムシの被害にあうこともあるが、基本的には病害虫に強い。

 

・葉には大きめの棘があるが触ってもそれほど痛くはない、

 

【似たような木】

シナヒイラギ(ヒイラギモチ)、セイヨウヒイラギ、ヒイラギ

 ヒイラギモクセイヒイラギナンテン

 

クリスマスの時期にはリースなどに使う花材として、実の付いた枝が出荷されます


アメリカヒイラギの基本データ

 

【分類】モチノキ科 モチノキ属

    常緑広葉 高木

【学名】Ilex opaca Aiton 

【別名】アメリカンホーリー/アメリカヒイラギモチ

【成長】やや遅い

【移植】簡単

【高さ】10m~25m

【用途】クリスマス飾り/垣根/切花

【値段】500円~