フジ(藤)

Japanese wisteria(Wisteria floribunda)

wisteria tunnel
花の時期には幻想的な風景を作る
Wisteria floribunda
開花は4月~6月
藤の花 画像
上部の大きな花弁を「旗弁」という
white flower,Wisteria floribunda
白い花を咲かせる「シロバナフジ」
bean,Wisteria floribunda
花の後にできる「豆果」はビロードのように輝く
フジ 葉っぱ leaf,japanese  wisteria
11~19枚の小さな葉が集まって、ひとまとまりの葉になる
Wisteria floribunda
若葉は両面が毛で覆われるが、成葉は無毛になる
wild style,Wisteria floribunda
杉の木に巻きついて開花するフジの様子
藤 紅葉 黄葉
黄葉の様子
フジ 樹皮
樹齢を経れば、幹は直径3mにもなり得るという

【フジとは】

・日本固有の植物で本州、四国、九州の山野で普通に見られる。通常は他の木に絡みついて育つが、庭に用いる場合、「藤棚」を作り、花を密生させて鑑賞する。

 

・開花期は4~6月で花房は30~90センチほど垂れ下がる。フジの花は紋所のデザインになり、「古事記」にもその名があるほど日本文化との関係が深いが、開花期の幻想的な風景は多くの外国人観光客をも魅了する。 

 

・単にフジという場合、本種(ノダフジ)とヤマフジ(山藤)の両方を含む。両者はツルの巻き方が異なり、本種は上から見て右巻き、ヤマフジは左巻きになる。ヤマフジは主に近畿地方以西の低山に見られる種で、花房は10~20センチ程度と短い。

 

・「フジ」という名の由来には諸説ある。長く垂れ下がる花の様子を「フキチリ(吹き散り)」または「フサタリハナ(房垂花)」と呼び、それらが転訛してフジになったとする説、また、ツルが鞭(ムチ/ブチ)の材料になることから「ムチ/ブチ」がフジに転訛したとする説など。

 

・別名の「ノダフジ」は、大阪市の野田地方が本種の名所であったことから。天然記念物に指定される「牛島のフジ」などフジの名所は数多い。

 

・花ほどには話題にならないが、晩夏から初秋にかけて熟していく豆のような実にも鑑賞価値がある。でき始めは光り輝き、乾燥するに従って黒褐色に変わる。中には直径1センチほどの種子が数個あり、1月頃になると自然に裂開して飛散する。種は煎って食用にすることができる。

 

【育て方のポイント】

・寒さにやや強く、北海道まで植栽できる。

・成長が早く樹形は乱れやすい。一般家庭では棚を設け、定期的に剪定するのが必須。芽を出す力は強く、剪定には十分耐える

・湿気があり、かつ、水はけの良い場所が望ましい。

・花つきをよくするためには、豆果を早期に除去する。

 

【園芸品種】

・「長崎一才」

 盆栽など鉢物に多く使われるノダフジの園芸品種。花つきが良い。

 

・「紫花美短」、「白花美短」

 いずれもヤマフジの園芸品種で、花房が短い。

フジの基本データ

【分類】マメ科 フジ属

    落葉つる性樹

【学名】Wisteria floribunda

【別名】ノダフジ

【成長】早い

【移植】難しい(根をすべて掘り出す)

【高さ】

【用途】公園/棚/鉢植え/盆栽

【値段】1200円~