庭木図鑑 植木ペディア > サルナシ

サルナシ

Kiwi berry

猿梨 収穫時期 味
実が熟す10~11月頃に黄葉する 表面にシワができれば食べ頃
サルナシの葉っぱ 画像
葉は厚くて光沢があり、縁には細かなギザギザがある(初夏の様子)
Kiwi berry,picture,Japan
サルナシの開花時期は5~7月
Kiwi berry,flower,picture
直径1.5センチほどの白い花が下向きに咲く
サルナシ マタタビ
他の木に巻き付いて育ち、ジャングルを作る
さるなし 紅葉
サルナシは秋になると黄葉する

【サルナシとは】

・日本、朝鮮半島及び中国などの低山に見られるツル性の木。他の木や岩に絡んで生い茂るように育つ。

 

・秋にできる実は小さな梨のようで、猿が好んで食べるためサルナシと名付けられた。人間が食べても十分に美味で、果実酒としても使われる。キウイの仲間であり、「ベビーキウイ」、「ミニキウイ」などと呼ばれることもある。

 

・ツルは太くて丈夫、かつ腐植しにくいため、筏を組む縄や、吊り橋の材料とされた。また、赤味を帯びたツルを生け花の世界ではマタタビやキウイと同様に「アカヅル」と呼び、独創的な花形を作るのに欠かせない名脇役となっている。

 

【育て方のポイント】

・日当たりがよく、かつ湿気のある場所を好む。

・他の木に絡んで育つため、放任すれば他の木の生育を阻害する。マメに手入れができなければ庭に植えない方がよい。剪定にはよく耐える。

・類種のマタタビは猫の好物だが、サルナシは猫の被害に遭うことはない。

 

サルナシの基本データ

【分類】マタタビ科 マタタビ属

    落葉つる性広葉中木

【学名】actidinia arguta

【別名】シラクチヅル/シチリチヅル

    コクワ/コクワヅル/ハシカズラ

【成長】早い

【移植】移植可能だが、掘り起こすのは難しい。

【高さ】5m~10m

【用途】花材/果樹

【値段】1200円~